« カープは市営か? | トップページ | ライディングがスポーツだと思う理由 »

2008年11月26日 (水)

単車で峠走行と自転車でCR巡航

 表題の二つの遊びはどっちも好みである。まぁ、趣味の第一位は単車で峠走行。そのために必要な身体を、筋トレ、水泳+最近なら自転車で作るってのがパターン。

 で、日曜日に単車で峠中心の山岳ツーリングに出掛けたのだが、火曜日時点で未だに全身の疲労感が残り、特に、脹ら脛の張りが取れない状況。自転車ではCRを自分的に如何にハイレベルの巡航を行っても、そんな事が無いので、凄く対照的な感じ。
 まぁ、運動の形態が違うっていえば違う訳で比較にはならないけど、、、、、自転車では筋力不要、心肺機能重視って感じ。心肺機能は多分、疲労が蓄積しないのだろうか?
 それに比べると単車の峠走行っていうのは、殆ど筋持久力的な運動。瞬間で筋力を使い、これを断続し続ける感じ。瞬間の筋力を働かせるって状況は短時間の無酸素運動の連続か?って感じ。翌日以降に疲労が残るのは間違いなく単車。自転車では、そういう感覚は皆無。

 そして、自分レベルの話だが、乗りながら思った事。

 自転車でせいぜい40km/hレベルの定常走行、、、、、殆ど必要なのは、心肺機能と漕ぎ方程度のモノ。勿論、そこからの加速では少々の脚力も必要かもしれないが、鍛えれば、それなりに手に入るもの。考えてみれば敷居は低いし誰でも、そういう世界は垣間見れる。勿論、60km/h以上の世界となると話は別だが、普通?のレベルでの50km/h以下って世界では、誰でも直ぐに見れる世界でもある。

 単車での話。3桁の速度域以下だとしても、そのアベレージを高く保ち、タイトかつ回り込んだ峠で、そこそこのサイズを振り回すっていうのは、身体の基本機能を高めるだけでは絶対に味わえない世界。その世界は、体験、体感、熱中した事がなければ想像も出来ない世界だと思うけど、確実に存在する。そこでの世界は、敷居は低くないし、簡単には味わえない世界。勿論、単車に乗せられた状態でビビリ状態なら誰でも見れるだろうけど、それとは別の世界の話。

 この違い。何か?って考えると、人間って生き物にとって受け入れる事の出来る速度感のようなモノか?速度が速い程、情報処理の速度が必要。自転車の速度なんぞ、たかが知れているし、速度の出る瞬間は基本は真っ直ぐ。ダウンヒルなんぞ、所詮は落下に過ぎないもの。トラクションが掛からない下りなんぞ屁でもない。単車では、その速度、質量感は、体力云々だけで処理出来るモノではない。非常に速い流れの中で情報処理して動きを律する。その流れにおいては、非常に繊細な操作と大胆な身体の動きが重要。それが、速度にシンクロしなければ世界は見えない。そんな世界。考えていては処理できない。慣れが必要。慣れるには、最初は反射に依存する部分が大ともいう。これは若い頃に、速さに対応できる感覚が在る内に、情報処理のバイパス回路を身体に作らなければ一生手に入らない世界とも思える。これは、単車に乗って、乗り切れた感覚を得た経験が無ければ絶対に判らない。オッサンデビューのハーレーとか、ビッグスクーター小僧にも無縁の世界だろう。ステップアップして情報処理のバイパス回路を熟成させた人間の特権とも思える。

 その処理に応じた、操作と運動が想像以上に身体に負担を強いる。そして、それが無ければ味わえない世界。それが単車で曲がるって行為には含まれているんだと思う。

 今回の峠ツーリングでは強くそれを感じた。

 バイクで峠を『攻・め・る・!』事、これは、やはり最高に面白い。

 反感買うかも知れないけど、楽しみの奥深さは、ロードバイク<<<<<レプリカバイクである。まぁ、誰でも味わえるロードバイクも悪くはないけど、やっぱレプリカバイクだなぁ!って感じだ。

|

« カープは市営か? | トップページ | ライディングがスポーツだと思う理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 単車で峠走行と自転車でCR巡航:

« カープは市営か? | トップページ | ライディングがスポーツだと思う理由 »