« カープは市営か? | トップページ | ライディングがスポーツだと思う理由 »

2008年11月26日 (水)

単車を操る上で必要な固有なモノ

 先の記事に引き続き、単車と自転車の違いを考えてみた。
 一般的には自転車の方が体力が必要と思われがちだが、自分の意見は、その逆。

 その理由は、先の記事にも書いたけど、情報処理の速度レベルの違いが圧倒的という事。情報処理の速度の違いの理由は、走行速度域の違いと、その走行状況における対応能力に求められる速度の違いが大きい。対応判断も速く、対処も速くっていうのが単車と自転車の最も大きな違い。対処が速い!ってことは、それだけ身体の筋肉を動かす加速度も大きい訳であり、これが全身の疲労感に繋がる訳で、素早い対応が必要ということで、神経的な間が、判断の『魔』を呼びかねないって事にも繋がる。

 自転車における行為の原則は、全てが意識行動である。大脳で考えて、時間を掛けて追い込むという時間の流れが緩やかな世界である。仮にダウンヒルでのコーナーリングでも同じ。速度のレベルの低さと対処すべき行動の選択肢を見ると考える時間は余裕だらけである。
 しかし、単車のそれは違う。三桁を伺う速度域での下りのタイトなS字区間、或いは、同じ様な速度域での回り込んだターンにおける不測な事態への対応や、不測な事態を想定した対応、不測に遭遇した際の処理って部分では、ハッキリ言って考えて行動していては自爆で終了である。
 しかし、走行中において遭遇する状況では、その瞬間はスローモーションの様にフラッシュバックする。スローモーションの様に感じるのは、処理した後に考えた時に、そうだったというだけであり、実際のリアルタイムな状況では、決してスローモーションではない。殆ど、フラッシュ状態で、後から考えてスローモーションのように感じる流れで行う複数の操作を、その時点においては瞬間的に同時に適切に行っているのである。
 そう、そこでは大脳は関与していないのである。そういう状況における対応の引き出しに従って、条件反射的に対応しているだけなのだ。

 この条件反射的な対応は、誰でも出来る筈がないのである。反射行動とは、反復行動から判断から動作における行為のパターンを神経回路が記憶しているから出来るだけであり、そのような状況をトレーニングした経験が無ければ絶対に身に付かないモノである。そのような状況とは、より長い時間の流れで、単一の状況に応じた対応を身に付ける訓練を繰り返す事。これこそが、ステップアップの意味であり、小排気量、低速度で、挙動に対する対応を身に付ける事を意味するのである。
 反射的な回路が備わっていなければ、それを作る必要があるのだが、その回路を反射神経という本来の対応が速い時期に訓練を施す事で、身体に新たな反射バイパス回路を作っていくという行為が必要なのだ。

 その蓄積が、より高速度で、より複雑化、より多くの情報処理への対応力を高め、条件反射的に対応できる技量に繋がるのである。こういう経験を持つか否か?は、ステップアップする時間と、トレーニングによる判断行動の反射システム化の訓練時間に依るもので、これが無ければ、そういう世界の極みは想像出来ないだろう。

 自分自身、単車の楽しみは、こういう世界にあると思う。これを経験し、自分なりにそれを体感する事が出来れば、それはずっと守り続けたいと思うのである。こればっかりは、大脳行動のみで遊べるロードバイクとは別次元の話とも思えるのである。

 モータースポーツの極みの一部には、こういう世界観があるのでは無いだろうか?

 まぁ、ロードバイクの場合も、心肺機能、脚力、技量が十分に必要で、それが簡単に手に入らないのも判るけど、モータースポーツの場合は、神経系の回路構築という要素が加わる部分が大きな違いかなぁ?と思うのである。この辺は、ロードバイクよりもMTB等の扱いが単車に近いかもしれないとも思うのである。

 この連休では、単車の楽しさ、奥深さを再発見したのが一番大きな出来事と言える。

|

« カープは市営か? | トップページ | ライディングがスポーツだと思う理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 単車を操る上で必要な固有なモノ:

« カープは市営か? | トップページ | ライディングがスポーツだと思う理由 »