« 簡単!?スポーツ心臓の作り方 | トップページ | クリスマスプレゼント♪ »

2008年12月 8日 (月)

インフルエンザ、流行急拡大中!

 この季節は、表題のインフルエンザネタがニュースを賑わす時期である。
 最近は、新型インフルエンザが何時登場するか?ってニュースが話題の中心で、パンデミックワクチンをどうするか?プレパンデミックワクチンをどうするか?タミフルの確保は?感染確認されたら対策はどうするか?ってニュースが通年で多く、序で、従来型インフルエンザでもタミフルが効かない耐性タイプも登場したとかのニュースも聞く。

 そんなジェネラルな話題とは別に、現実の話として、今年のインフルエンザの流行が始まったってニュースが先週辺りから聞くようになってきた。
 今年のインフルエンザは、流行が最も速かった昨年に次ぐ感染状況を示しており、今年も例年以上に速くから流行が始まった模様。

 そういうインフルエンザだが、普通のインフルエンザであっても幼児、高齢者は感染すると重大な事態を招きかねない疾病の一つ。インフルエンザが重症化すると最悪命を落としかねないのである。
 話が逸れるけど、自分の単車関連の友人も、彼の家族(子供)が貰ってきたインフルエンザに感染し、それから肺炎を併発、最終的に気胸という肺に連続的に穴が開く症状に陥り手の施しようの無い状況となり若くして命を落としている。たしか、4年ほど前の話だが、そういう事態もあり得る訳だ。

 そういう事もあり、それまでは比較的安心し、根拠無く自信を持っていたのだが、それ以降は、敏感になってインフルエンザ対策を家族ぐるみで講じている。インフルエンザ対策の第一は、帰宅してからの手洗い、うがいの励行である。それと、人の多いところではマスク着用という事。これだけで、相当に感染リスクを減らすことが出来る筈である。
 そのような日常における配慮に加え、今はインフルエンザの予防接種を家族ぐるみで行っている。

 インフルエンザの予防接種は保険適用外であり、接種を受ける医療機関によって価格はまちまちである。更に、幼児では二度の接種を受けないと駄目である。我が家の場合、四人家族で幼児二人であり、子供が2回接種を受けるので、トータルで6回の接種が必要なのだ。自分の受けた医療機関では、一回が2,500円なので合計15,000円となる。結構な出費なのだ。

 インフルエンザに感染して重症化しないためには?っていうと、一般的には、休養をしっかり取り、栄養をバランス良く取り、体力を維持しておくって言われているが、これは身体の免疫機能を高める事を意味し、免疫機能を高めるためには、体力を高めた健康状態で居れって事。この辺は、癌、糖尿病対策で言われている事と対して変わらない事である。

 但し、この一般論に対してチョット気になる話が、新型インフルエンザでの致死率の推算の例でテレビで紹介されていた話にある。その話によると、インフルエンザで致死率が高いのは、中年世代以降よりも青年期を中心とした若年世代であるって話。実際、ネット上でもそういうニュースは見つける事が出来る。

http://mainichi.jp/life/health/news/20081202ddm013100144000c.html

がそうだ。ここから関連を引用すると、

『新型インフルエンザになると予測されている強毒性鳥インフルエンザ(H5N1型)ウイルスに感染した場合、5割以上の人が死亡している。しかし、専門家を驚かせているのが抵抗力が高い若い世代での致死率が7割以上と高いこと。

 世界保健機関(WHO)は03年11月~08年9月、確定診断された375人の患者を調べた。それによると、10代の致死率は76%と最も高く、次いで30代の74%、20代の71%と続いた。これに対し、70歳以上は25%、9歳以下も47%だった。

 一方、通常のインフルエンザの致死率は0・05%にとどまる。亡くなるのは、免疫が未発達の乳幼児や肺炎などを併発する可能性が高い65歳以上がほとんどという。』

 その話の根拠は、若い世代程、体内の免疫機能が激しく反応し、その免疫機能が過激さに身体が耐えられなくなり死に至るという話だったけど、それを言うと、体力を高め、免疫機能を高めておく事が良いとする一般論と矛盾するのでは?って印象だ。
 そんな矛盾を説明する原因が『サイトカイン』ってモノ。サイトカインは免疫細胞が感染によって分泌するタンパク質だそうだ。そして、免疫力が高い程、サイトカインが大量に分泌されるとされている。
 多くのサイトでは、元気な世代においてサイトカインが大量に分泌された免疫機能の過剰反応による状態、これをサイトカイン・ストームと呼んで死に至るという話を、恐らくは専門的な情報源から転記していると思われる。

 しかし、免疫力=サイトカイン分泌量という定義で、何故に大量に分泌されるか?迄を説明しているサイトは見つけれない。

 興味深いのは、他のインフルエンザでは若年世代の抵抗力は極めて高いという点であり、このサイトカインの分泌っていうのは、生体が経験したことのないウイルスか否かが、分泌量に影響を及ぼしていると想像される。サイトカイン自体が相当に多くの種類が存在していると言われているが、それぞれに役割を持つモノであり、更に、その組合せによっても新たな機能を発揮するもの。そういう多種に及ぶ機能を特化した物質が予め体内に準備されているとは考えにくく、自然な考えでは、生体システムに外敵となる物質と遭遇する経験から、生体防御システムが働き、それに最適な免疫力を生み出す信号としてサイトカインの選択と組合せが決まるのでは?と考えるのが自然である。

 種族にとって未知の感染症がサイトカインの過剰分泌と言われるサイトカインストームで死に至るという説明を仮定すれば、生体としても、個体としても感染経験が少ない状態で、新たな感染を受けた時に、その感染症状の類似な感染経験に併せて、様々なサイトカインが分泌されるという事態をサイトカインストームと呼んでいるのか?と仮定することができる訳だ。

 案外、ワクチンっていうのは免疫を作るためって言われているけど、その免疫という言葉の中には、適応型サイトカインの選択の雛形、情報を生体に与えているという要素もあるかも知れない。

 まぁ、何にしろ、未知との遭遇は控える事が重要であり、この新型インフルエンザが発生したかも?って情報は、恐らくは海外との人の出入りの拠点、或いは、人口集積度の高い地域、或いは、鳥類が集積している地域からもたらされると思うので、そういう第一報が届けば、即座に、自分の家族は冬眠体制に以降し、必要な資材の調達は自分一人で行うというスタイルになりそうだ。
 

|

« 簡単!?スポーツ心臓の作り方 | トップページ | クリスマスプレゼント♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザ、流行急拡大中!:

« 簡単!?スポーツ心臓の作り方 | トップページ | クリスマスプレゼント♪ »