« オーバーロード? | トップページ | 今更VGAデジカメ »

2009年1月21日 (水)

新旧併売は吉と出るか?

 昨年から雑紙の情報では聞いていたけど、報道での発表で現実のモノとして明らかになってきたのが表題の新旧併売、、、、、これは、トヨタの新旧プリウス、新型レクサスRXと既存ハリヤーの話。

 新旧併売の理由は、価格上昇に伴う客層の変化への自信の無さであったり、ライバルメーカーの競合車への対応だあったり、取り扱い販売店のラインナップ構成の変化に対する配慮であったりする訳だ。

 これだけ聞くとなる程とも思えるけど、併売すると言う事は、新型に対する販売への自信というか、確信を作り手(売り手)側自体が完全に持っていないという事を宣言しているようにも見えるし、最悪は、新型の販売への足かせになるのでは?という印象だ。

 その判断が吉とでるかどうかは判らないが、新旧併売というのは進歩することで価値を高めるという工業製品の本質からは外れたようにも見える。

 過去においては、市場の声により生産中止モデルの再販というのが在ったけど、それが成功したという印象は無い。単車の世界でも過去においてはZ400GP登場以降に再販されたZ400FXや、CBR400F登場以降にリバイバル生産されたCBX400Fというのも存在するけど、リバイバルされた時には、そのモデルの輝きは失われていた印象がある。
 因みに、この再販の時は、市場の声でメーカーが動いたのだが、今回の併売はメーカーの都合で決定されたモノ。意志の主導が違うために比較は出来ないが、果たして、、、、、さて、どうなるだろうか?

|

« オーバーロード? | トップページ | 今更VGAデジカメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新旧併売は吉と出るか?:

« オーバーロード? | トップページ | 今更VGAデジカメ »