« 今年を振り返って、、、やはり健康が一番だ。 | トップページ | 年末大掃除の負荷 »

2009年1月 1日 (木)

年末のバイク雑誌、原付二種特集が多いぞ!

 年末はバイク雑誌を二冊程買った。

 買ったのは、ミスターバイク、それと、15年ぶりの月刊オートバイである。

 理由は、、、、、それは原付二種を取り上げる記事が目に付いたから。今の原付二種の国内ラインナップといえば、殆どがスクーターであり、マニュアルミッション車は殆ど皆無である。KSR110さえも廃盤となっているのだが、何故だか特集されていたのが興味を惹かれた理由だ。
 そんな特集記事では、外国産125ccの特集であったり、旧車世代国産125ccの紹介がコーナーとして儲けられている。

 そんな125cc紹介の記事では、基本的には使い切れるパワー云々とか、結構好意的に書いてあるんだが、125ccっていうのは実は難しいクラスなのだ。今回の特集では、単車の楽しさを題材に取り上げていたけど、実は、楽しさっていうのは排気量に依らないと思うからである。
 どんなに大排気量でも面白くないものもあれば、小排気量でも楽しいモノがある。この楽しさの尺度を雑誌の言うところのスポーツという面で捉えれば尚更なのである。

 125ccが楽しいか?というと、これは大きな過ちであり、スポーツライディングという括りで見たら楽しいと思えるモノは寧ろ少数派ではないか?というのが素直な感想なのである。楽しさは排気量によってもたらされるのではなく、エンジンの出力特性、車体の操縦特性に支配されており、それは排気量とは関係の無い世界であるからだ!という持論に基づく判断ではあるのだが、、、、

 125ccで楽しいっていうのは、そういう味付けの為された車体が存在すれば、その味付けの全域が楽しめるのが125ccクラス故に楽しさ倍増というものなのだ。250ccクラスになると、楽しい味付けがキャパシティー全域で楽しめるか?っていうと、既に公道の領域から逸脱するのが現実であり、125ccの楽しさというのは、味付けのフルキャパシティーが公道で実現可能という間合いの良さの事であるのだ。
 だから125cc全てが楽しい訳でなく、125ccでも、スポーツ風味の無いモデルではスポーツライディングプレジャーは有り得ないのである。

 それは、大昔に遡ると、、、、125ccで楽しかったのは、CB125JX、RD125、KH125ってところ。でも楽しいとは思いづらいのも存在し、CM125T、CD125ってところはそれなりだったのである。一番最悪な125ccといえば、ジェンマ125で、これは完全に見掛けのみの単車である。当時の125ccで楽しいのは、やっぱり当時のプロダクションレーサーベース、スポーツシリーズの末弟だったのである。この楽しさは、80年代の22PSの水冷2スト車がピークだったように思う。RZ125、AR125、MBX125F、RG125γ、TZR125って処だろうか?

 そういう視点で、この雑誌で紹介されている125ccっていうと、国産はスクーター、外車はタイ製の4スト、欧州製バイクってところだが、何れも微妙なスペックである。スペックで語るのはNGだが、このクラスでは目一杯の馬力が丁度良い馬力というもので、排ガス規制等によるダメージは結構大きそうなのだ。
 国産の最終期のCB125Tに乗った事もあるけど、ガスの薄さ故のトルクの薄さは強烈で、125ccの力感は皆無に近い印象だったのが正直な感想。

 雑誌で125ccが注目!ってノリは良いけど、客観的、直感的に、今選べる125ccクラスで楽しそう!って思えるのはホンダのAPE、XR系くらいかなぁ?っていうのが素直な感想。
 ただ、この辺は125ccというよりは50ccのオーバーサイズ的な楽しみであり、本来の125cc的な楽しみとは違う印象である。判りにくいかも知れないが、自分の愛車で喩えると、マグナム80的な感じとAR125S的な感じの違いとでも言えそうなのだ。

 話が脱線したけど、言いたいのは、なんていうか、今回の特集記事の如く、排気量で楽しさを語るのはナンセンスって事。楽しさは排気量でなく、味付けである。味付けと排気量によるポテンシャルのバランスが全てではないか?って言う事。
 125ccならば、全域を使い切れる性能ということで、使い切る事の楽しさをキャラとして与えられたものが125ccならでは楽しさという事であり、125ccなら何でも楽しいていうのとは違うって事である。
 そして、その理想論と現実のラインナップを見ると125ccっていうのは便利かも知れないが、既存のモデルでは、前述の125ccならではの使い切れるポテンシャルというところで、かなりの欲求不満を感じてしまうかなぁ?って思うのが正直な気分である。

|

« 今年を振り返って、、、やはり健康が一番だ。 | トップページ | 年末大掃除の負荷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年末のバイク雑誌、原付二種特集が多いぞ!:

« 今年を振り返って、、、やはり健康が一番だ。 | トップページ | 年末大掃除の負荷 »