« 通勤自転車は怖いぞぉ | トップページ | 水泳と自転車、ダンベルプレスとレバレッジプレス »

2009年1月30日 (金)

ダンベル体操も始めよう!何故かって?

 昨年の盆以来、ダンベルを用いた筋トレを毎日実践中である。
 負荷としては20RMレベルで20[kg]のダンベルを二本作り、左右でダンベルフライを20回+ダンベルベンチプレスを20回を1セットとして、これをサーキットトレーニングに前に1セット、サーキットトレーニングとローラー台の合間に1セット、ローラー台の後に1セットの計3セットを行っており、最近は、リストのスナップに方々10[kg]のダンベルを用いて50回ほど行っているところ。
その甲斐あって、上腕部、胸部の筋肉が増えた感じで、骨格筋率、基礎代謝とも増加傾向にある。

 そんなダンベルの利用法だが、そんな筋トレとは別に軽負荷でのダンベル体操のメニューを検討中だ。ダンベル体操では筋トレとは異なり軽いダンベルを用いて運動するものだ。一応、片側5~6[kg]程度のダンベルを用い、時間で15分程度で出来るものを検討中だ。

 体操のメニューに何があるか?を知らないので、まずはネット、雑紙で情報収集しようと思うところ。取り敢えず、中古のダンベルダイエットビデオを調達したんで見て研究してみようと思うところ。

 ところで、最近は、スイムが楽しいし、サーキットトレーニングも楽しいし、ダンベル筋トレに夢中で、今度はダンベル体操、、、、、アホかもしれない。

 身体を鍛えるっていうのは、何だかワクワクするのが不思議な感じ。但し、平日の日々の運動時間が3時間に迫る勢い。金土日の週末は既に三時間オーバーな状態で、確かにオーバーワークかもしれないし、競技者でも無いのだが、なんだか楽しいのである。

 運動にしろ、学問にしろ、研究にしろ楽しさが実感出来るのは、傾注して取り組んでいる事が結果として見えてくる事だ。運動、学問、研究というのはジャンルは異なれど、実はみんな同じであり、自然科学の法則に則った変化である。変化を感じるには、その世界の専門性に従って取り組む事だが、そのルールに従って取り組んで結果を実感出来るのは、その世界で更に先に進もう!ってモチベーションに繋がるのである。

 スイムではブレストストロークで3000m連続スイムでのタイムが18年前に水泳を復活させた時が75分掛かっていた。その後、泳法の改善、筋トレでの筋力強化を経て、昨年には60~65分で完泳していたけど、筋トレを導入してからの半年で50分を切るペースになったのは、やはり嬉しいし、自分なりに進化を実感しているところ。

 筋トレも然りだ。筋トレを始めたのが16年前だが、最初はバーベル60kgが限界が、今や110kgのフルボトムからのリフトも可能だし、45kgなら連続で150回は行ける。それだけで嬉しいものだし、実際、胸囲も90cm程度だったのが110cmオーバー迄増量できている。進化しているのが自信に繋がっているのも事実。

 最近始めたサーキットトレーニング、ダンベル筋トレも、その効果で筋肉量が増加し、スイムでのタイムに繋がっているのがイメージ出来る訳である。

 学問でも、研究でも、想定した結果に対し、論理で攻めて結果を得るというのは、継続力のエネルギーとなるのだ。

 という訳で、ダンベル体操は軽負荷で大きな動きを狙っており、特定のスポーツ(水泳)において必要な部位の強化をメインとしてきた要素トレーニングから、鍛えにくい身体の死角における筋肉を少しずつ鍛えるのが狙いであり、鍛えていない部位を鍛えるのがダンベル体操を行う理由だ。
 何故に、そういう部位の筋肉を鍛えたいか?っていうと、実は、最近の生活の中に伏線があるのだが、それを気付いている読者はいらっしゃるだろうか?

 それは二つあるのだ。

 一つは育児の際の沐浴で痛めた手首で、動かさない筋肉を無理に使って壊した経験がある事と、もう一つが、昨年末の裏山の雑木刈りで、鎌や鋸を山中斜面で振り回す事で、全身の筋肉痛に陥った事。これって、鍛え損ねがあるから、そうなった訳であり、そういうOut of 眼中な部位もしっかり配慮したいという思いからだ。

PS:

 ところで、身体を鍛えて結果を得るっていうのは楽しい事だが、最近は自転車のパフォーマンスで上達感が感じれなくなってきたのが寂しいところ。スイムでさえ画期的にタイムアップしているのだが、自転車では今一変化を感じる事が出来ない。結構、乗りまくっている(1000~1500[km/月])と思うのだが、何も変わっていないとしか思えない。
 多少の登坂能力、アベレージのアップはしているようにも感じるけど、気のせいとも思える程の小さな変化であるのも事実。乗っていてパフォーマンスが変化した!って確信を得る状態には程遠いのが現実。周りの他人と比較してという部分でなく、過去の自分と比較して見ると、殆ど不変のような印象。
 二年前に固定シングルに復活する!って時は日々が楽しかったけど最近はマンネリ気味だし、三年前に折り畳み小径車でフルサイズ並に走る!って時も楽しかったけど最近は同じくマンネリ気味。
 この先、何をやっても、何に取り組んでも自己の進化は期待出来ないような閉塞感を感じているところ。

 まぁ、そういうのがあるから、日曜の午後はオ・モイヨWWでホームコースをクルージング走行してチンタラしたりしているのだが、、、、、これから、どうなるだろうか?

|

« 通勤自転車は怖いぞぉ | トップページ | 水泳と自転車、ダンベルプレスとレバレッジプレス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンベル体操も始めよう!何故かって?:

« 通勤自転車は怖いぞぉ | トップページ | 水泳と自転車、ダンベルプレスとレバレッジプレス »