« リビングPC、来週納品予定 | トップページ | セレクター選び »

2009年3月12日 (木)

同じ百均でも、、、、

 自分の住んでいる地区には百均が2箇所ある。どちらもスーパーに併設されたものだが、一方は有名なダイソーの経営する店。もう一方はミーツの経営する店。前者がサンベルモに併設されており、後者がユアーズに併設されている。

 この違いは?っていうと、、、、基本は似たようなモノが似たような価格で販売されているのだが、仕入れのパターンが少々違うようである。

 ダイソーの方は、ダイソーブランドの商品を主力に扱っている。そして、ミーツの方は、通常ブランドの商品を現定数で100円販売に見合った仕入れで販売しているようだ。

 特に、文具関連の消耗品を見ると、そういう傾向が強い。

 ダイソーの方は、ダイソーのブランドシールが確認できるけど、ミーツの方は、通常のトンボ、ペンテル、三菱、シャープ・・・・といったブランドが多い。

 で、自分はどっちで見るか?っていうと、値崩れによって100円販売に陥った商品を扱うミーツで先に選ぶ。そして、無ければ、ダイソーに出掛けるというパターンである。

 印象的に、ダイソーの方が品揃えは豊富だが、100円で買うに高価だという印象を持つ商品が少なくないように思うのである。ミーツの商品は殆どが100円なら安価という印象を持つ事と対照的である。
 100円という数字に惑わされず、100円が適正か?得か?損か?を考えて買い物をしたいモノである。

 因みに、仕事で使う文具(シャーペン、ボールペン)はミーツで調達する。元の販売価格は150円~200円の日本製の本来のブランドメーカーの作った商品だが、デザイン、色が古くさいもの。機能を考えれば、見た目が悪くて安い方が自分的には都合が良いのだ。
 以前、何も考えず、適当に買ったシャーペン、ボールペンは、芯が頻繁に内部で折れたり、インクの出が悪かったりと快適性に欠ける事が多かったが、デザインの今一な元が高価?な商品は使ってみるとイイ具合である。

 因みに、自分が中古、現品限り、展示品でモノを買う時、例えば、車、自転車、バイク等では、色やデザインは殆ど拘りを持たない。何色でも全くOKだが、そういう見方と通じる部分のように思うのである。

|

« リビングPC、来週納品予定 | トップページ | セレクター選び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同じ百均でも、、、、:

« リビングPC、来週納品予定 | トップページ | セレクター選び »