« フリーウエイトのベンチプレスも、、、、 | トップページ | ブレーキは大事だ。 »

2009年3月13日 (金)

セレクター選び

 テレビ関連、パソコン関連が一応完成したのだが、その連携は案外希薄であり、テレビからのアナログ出力をパソコンがキャプチャー入力するだけである。

 僅か、これだけの接続だから、基本は、デッキ類からテレビへの出力を分配するだけで問題はないのだが、デッキ類からテレビへのHD出力元が2箇所ある。そしてHDの入力元がテレビの入力端子二つとパソコンで合計3箇所ある。

 基本は、一つに入力をテレビ出力とパソコン出力の2分配でOKなんだが、それでも端子の数から言えば、分配機には多くの機能を期待したりもする。

 さて、そんな分配機には何があるか?っていうと、、、、

1.マスプロ DASP3
 これは単純にD端子映像(+音声)出力を一系統入力を四系統に分配出力する。しかし、定価、実質売価を含めて一番高価。概ね2万円前後が相場。
 機能はシンプル、価格は高価、しかし、故障の噂は殆ど聞かない。信頼性高そう。

2.マイコンソフト XVI-2
 これもDASP3に準ずるが、D端子に加え、ビデオ端子、S端子も持つ。一系統入力を四系統出力に分配するが、D端子/コンポーネント端子系とそれ以外は独立回路であり、D端子分配とは別に、S端子分配が可能。但し、一般にD端子以外の映像分配は普通にケーブルだけでも売っているので映像品質に大きな拘りが無ければ、微妙な機能とも言う。相場は1万円台前半が相場。

3.ソニー SB-RX300D
 これは機能的には別格。四系統入力を三系統出力。但し、三系統の内二系統は同じ出力。組合せは実に多彩。機能的に複雑すぎくらいである。複雑故にリモコンも付属している。売価は一万円台前半~が主流。
 機能は多彩、価格も安価なんだが、評判等を調べてみると、故障の情報が結構多い。機能が豊富故に、色んな接続もしたくなるけど、その分、D端子ケーブルが沢山必要。このケーブルが安くても2000円程度するので、逆に高く尽きかねない。
 AV機器とPCを纏めて置いているので機器類が相当に増えており、リモコンも大増殖している。それ故に、分配機のようなモノは見えないところで使いたいという点でもNGかも、、、。

 色々な選択肢があるのだ、機器構成全体を見て、一番理想的なシステムを作るには何がベストか?を考える必要がある。

 で、使い方を今一度整理してみる。映像の入出力連携(キャプチャー)の大原則は、等倍での再生、キャプチャーというものであり、記録データを撮り溜めるには、絶対的に記録データの再生時間分が掛かるというもの。40分の映像記録を送るには操作で40分の待ち時間が必要ということ。これはアナログだろうがデジタルだろうが、配信データを収録するには再生された時間が必要なのである。AV機器内でのダビング(HDD→DVD)等では、一度記録されたデータのコピー操作であり、この場合は、機器の駆動上限速度がコピー操作の時間を律するが、撮り溜めた記録を再度再生してキャプチャーすることでデータを移動する場合は、やはり、初回の記録動作同様であり、時間を相応に要するのだ。
 これらを踏まえ、使い方を考えてみる。

A.HD(ハイビジョン)映像をPCに録画のためにキャプチャーする。
 一番単純なのは、デッキ側のダビング方向の制約(TZ-DCH2810→XW200Vのみ可能)に従って、HD映像の最下流保存場所であるXW200Vからの出力をテレビとPCに分配する。一入力から二入力への分配機が必要。記録データの再キャプチャーという時間が掛かる作業はなるべく行わないという考えである。

B.HD(ハイビジョン)映像をPC画面上に表示させる。
 保存に限らず液晶モニターでHD映像を表示させるとすると、STBであるTZ-DCH2810からの出力も液晶に回したいということ。となると、入力ソースはTZ-DCH2810、XW200Vの二台、出力先はテレビとPCという仕様。二入力から二出力(三出力)へのセレクターが必要。
 しかし、敢えてキャプチャーカードで取り込んだ映像をアプリケーションを介してモニター表示するのは実際はスマートで無い。ホント言えば、D端子等で出力された映像をモニター側の映像入力端子に繋ぐのが一番だ。勿論、そのまま繋ぐことは不可能であり、前記事に書いたようにスキャンコンバータ等を噛ます必要がある。

  と、二通りを考えていたのだが、、、、もう一つあった。

C.旧デッキEH70V中のHDDのデータをXW200Vに移行させる。
 引退間近ながら大量のSD映像データを取り溜めたEH70VからXW200V、PCにデータを移行させる。その場合、EH70VからXW200Vへのデッキ間ダビングを行うということ。その場合は、モニター出力をデッキのライン入力に入れるという配線が必要。大抵、デッキ側のライン入力端子はS映像端子やビデオ端子であり、D端子の映像分配機とは別の映像分配機が必要となる場合もある。まぁ、D端子以外の映像分配は前述の通り可能なので、それ程難しくない。
 更に、EH70Vの特別?な仕様では、DVD/HDD/VHS出力とDVD/HDD出力の二系統が準備されている。今、DVD/HDD/VHS出力をS映像端子でテレビに繋いでいるが、同時に出力されているDVD/HDD出力端子はフリーのまま残っている。単純に、このDVD/HDD出力端子をXV200Wの映像入力端子に繋ぐだけで、EH70VのHDD内データはXW200Vに移行できる。完全移行したら、現在のIr接続でSTBとEH70V間の接続をXW200Vに交換すれば終わる事でもある。
 ところで、今EH70V内の録画データだけでも相当量入っている。これ移すのは相当に面倒臭い。ホントに退役するんだろうか?案外、VHS用途が消滅してXW200Vの方が最新のブルーレイのレコーダーに変わる方が早かったりして、、、、実際、そうすると二階の寝室にXW200Vを移動してしまえば、普通にデジタル放送が受信できるので全然OKなんで、そっちの可能性の方が高いか?とも思う。

 と、そんな事を考えたりする。

 色んな選択肢があるけど、考えれる選択肢を全て可能なようにするのは多分使わないので無駄となる。そんな機能を見越して準備するっていうのも、複雑にする程に、操作等が煩雑になるし、故障の元にもなりそう。

 となると、当初の考え通りに最もシンプルに映像分配機をXW200VからテレビのD3端子とPCのキャプチャー入力に繋ぐのが一番。そして、EH70VのDVD/HDD専用出力端子をXW200VのL1端子に接続すれば良いのである。後は、もしかしたらTZ-DCH2810かXW200VからのHDMI端子をPCの液晶モニターに接続するかもしれない。
 幸いな事?に、Panasonicの場合、D端子とHDMIには同時出力であり、テレビモニターの入力ソースにTZ-DCH2810以外のQX-UD7とか、XW200V、EH70V、Beena等ゲーム機を選んだ時にTZ-DCH2810で受像する映像を液晶モニターに表示させれたら、案外便利かな?と思ったりする。

 ということで、これから調達する機器類は?

1.D端子分配機、第一候補はDASP3、第二候補がXVI-2
2.D端子映像ケーブルを二本、オーディオケーブルは持っている。
3.S映像端子ケーブルを一本
4.HDMIケーブルを一本

というところ。

 ここ一週間ばかり、どうしようか?って悩んでいたのだが、一応考えが纏まった。
 このように考えを纏めるのに、記事をダラダラ書くっていうのも、頭自体は整理されるので悪く無いなぁ、、、、。

|

« フリーウエイトのベンチプレスも、、、、 | トップページ | ブレーキは大事だ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セレクター選び:

« フリーウエイトのベンチプレスも、、、、 | トップページ | ブレーキは大事だ。 »