« 脚が攣る時は、、、、 | トップページ | 入力機器更新 »

2009年4月 9日 (木)

前乗りは短距離向け?

 フォーム、乗り方についてネットをふらついてみると、多くは、後乗りでハムストリングスを使った乗り方がロード的!って寸評が多いようだ。
 前乗りになると、ハムストリングスが使いづらく、TT(タイムトライアル)とか、或いは、ピストバイクとかトラックレーサーで、脚のパワーで短距離勝負的!って寸評が多いみたい。

 しかし、どうも合点がいかない気がする。

 所謂、前乗りポジションっていうと、ピストバイク、トラックレーサー、タイムトライアルもそうかも知れないが、究極的な持久系運動であるトライアスロンのバイクも特異な程の前乗りである。
 そう、前乗りだから持久系に向かないとは言い切れない気もするのである。

 自分は、前乗りと後乗りはどっち?っていうと、心情的に前乗り派である。勿論、ピスト、トライアスロンでいう程の前乗りでは無いが、最近のロードバイクのエッセンスに較べると前気味だという意味だが、、、、

 自分の感覚だが、前乗り気味のポジションというのは腹膜辺りの余裕が大きく、横隔膜が余裕で動きやすい印象。つまり、呼吸数は少なくても多くの酸素を取り入れれる感じである。呼吸が少ないと、連動して心拍数も下がり気味。同じパワーを出すのに心拍数が下げれるっていうのは、心肺への負担が小さい印象なのだ。

 ただ、ポジション論は人の好み次第。人が言うのが正しいと思う程に、自分に良いのが判らなくなるのも事実。人の話を聞くのも大事だが、人の話だけで右往左往するのも駄目。自分で選んだ方法で、自分が良いと思うならば、それで良いとも思うところだが、その辺の兼ね合いっていうのは、案外難しい。

|

« 脚が攣る時は、、、、 | トップページ | 入力機器更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前乗りは短距離向け?:

« 脚が攣る時は、、、、 | トップページ | 入力機器更新 »