« カッコイイペダリング、真似できないねぇ。 | トップページ | 周回遅れだぜぃ! »

2009年4月23日 (木)

するめボディ!?

 何て事は無い、タダの思い付きというか、、、、

 最近は、テレビのアンテナ線の張り替えに没頭していたせいか、日頃見ないチャンネルを目にする。で、印象に残ったのが、、、、、表題の言葉。

 『するめボディ』

なんだそうだ。

 これは、ヒルズダイエットの宣伝文句で、『理想のするめボディを手に入れよう、、、、、』ってフレーズが頭に残ったからだが、

 『するめボディ』って、、、、

 ビックリしたのが記事の発端。このフレーズはヒルズダイエットって方法の通販説明だが、このヒルズダイエットって言葉もピンと来ないのが正直な印象。

 いろんな命名がある。

 レコーディング、キャベツ、蒟蒻、、、、、、だけど、ヒルズって言葉は、何を意味するか?がさっぱり判らない。これって、六本木ヒルズのヒルズ?って言う程にイメージが湧かない。イメージが湧かない上に、するめボディ、、、、ってくると、意味不明なのだ。

 で、色々調べると、このヒルズっていうのは、企業名みたいなモノ。ヒルズコレクションさんって会社の推奨する食品を使ったダイエットという事みたいである。

 ゼリー、クッキーで美味しく食べて、効果的に痩せるって事を売り物にしたダイエット方法みたいである。

 それで得る身体が『するめボディ』なんだそうだ。

 で、興味が湧いたんで、するめボディ、スルメボディで検索してみると、、、、、

 出てきた。良く判らないけど、朝食戦隊スイハンジャーの第十八話で、メタボリック怪人でスルメタボなんだそうだ。で、スルメタボの身体が、しなやかで硬く、噛めば噛むほど味の出るスルメボディ なんだそうだ。

 でも、ヒルズダイエットで佐藤藍子さんの手に入れたするめボディって言うのは、多分、別の意味だろう。スリムなボディってことなんだろうけど、何でスルメって形容を使ったのだろうか?理解を超えた関連性である。

 スルメ、、、、日本では縁起物としても扱われているが、本来は、水分や不要なモノを抜いて長期保存に適する様にした加工品の事。

 どうも、このダイエット方法の説明や命名は、俺の理解を超えた命名の関連性があるのかもしれない。

 ところで、ヒルズダイエットとは無関係で、スルメダイエットって方法も世の中にはあるらしい。なにやら、午後六時以降には食事を摂取しないのがセオリーということで、午後六時以降にはスルメを噛む行為に特化して満腹中枢を刺激して食事を摂らないという方法らしい。

 でも、ダイエットっていうと、何故か減算式ダイエットばかりである。摂取制限が大原則であり、消費拡大というダイエットは何故か少数派である。

 ダイエットの本質とは、体重計の目盛りの指示値を減らすのでなく、摂取と消費を整えると言う事。要は、活動に見合った摂取、摂取に見合った活動ということだが、活動というのは、生活、年齢によって決まるモノ。健康というのは、摂取と消費の平衡を保ちながら、収支の絶対値を高める事であり、活力アップによる大量消費と、それを支える旺盛な摂取である。活力をアップするというのは、活動力を高めるということで、その道具である元気(スタミナと筋力)を高める事であり、それには摂取を増やし元気を高める鍛錬こそが健康的ダイエットの王道だと思うのだが、それは絶対的に減算式ダイエットには当て嵌まらないと思うのである。

|

« カッコイイペダリング、真似できないねぇ。 | トップページ | 周回遅れだぜぃ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: するめボディ!?:

« カッコイイペダリング、真似できないねぇ。 | トップページ | 周回遅れだぜぃ! »