« サービスマンモード | トップページ | するめボディ!? »

2009年4月22日 (水)

市販品のロールアウトを見て、、、、

 自転車選びの最初の一歩は、脚力に見合うか否か?
 つまり、一漕ぎで進む距離が良い案配かどうか?である。クロウスレシオがどうの、固定がどうの、、、、グレードがどうの、、、、そんなちっちゃな事はどうでも良いくらいに些細な事。大事なのはホイールサイズ(周長)×ギア比=ロールアウト(展開)に尽きるのである。

 ロールアウトが必要な範囲(ギアレンジ)にぴったり収まっているのが一番効率的。そして、そのロールアウトを細分するほど楽になる。これが大原則である。ロールアウトに使えない領域が増える程、無駄、ゴミ、無意味となる。レシオの刻み幅云々は、その後の話だ。

 で、自分の体力に併せて必要な幅は幾ら?っていうと、2m~7mである。それ以下も不要、それ以上も不要なのだ。一般にママチャリが4m位って言われているので7mなんてロールアウトは滅多に使うモノではない。そして、常用可能で守備範囲が最も広いロールアウトが5.5mなのだ。
 つまり、5.5mがデフォルトで、重い方に7m迄、軽い方に2.3m迄備えた自転車が理想なのである。

 こう考えると、こういうギア比を持つ自転車っていうのが売っていないのが悲しいのである。無いから作るしかないのである。
 因みに、このギア比は自転車のサイズでいうと幾ら?っていうと、、、、

・フルサイズ700Cの場合
 この場合、周長は2.096mである。つまり、軽い方が2.3mということはギア比は1.1である。重い方は7mとなると、、、ギア比は3.4くらいであり、レンジとしては1.1~3.4って幅となる。
 これが欲しい!ってなると、、、、、リアのカセットローの歯数とフロントインナーの歯数が近い数値が希望なのだ。そして、カセットトップの歯数の3.4倍のアウターリングの歯数が理想なのであるが、、、、、

 こういうギア比で無駄無しで作ろうとすると、ロードのクランクを使うとするとトップは15T以上、ロードのカセットを使うとするとクランクのアウターは40T以下ってなるのだ。

・小径車の場合
 周長が1.5m~1.6m程度だからギア比は若干高くなる。1.4~4.4くらいになる。これで初めてロード用のカセットとコンパクトクランクで丁度良いくらいになるのだ。

 つまり、普通に売ってるセットでは、コンパクトクランクでも小径車にしか使えないのである。フルサイズなら最大でもインナー30Tが欲しいのでトリプルの選択肢しかないのだ。トリプルを使う時の最小アウターが現実的には50Tとなり、そうなるとカセットトップは15T以上しか選べないのだ。

 まぁ、適合したロールアウトっていうのは人それぞれだけど、自分で思うのは、結構、脚力は有るし、結構鍛えてあるとも思っている。それでも、この程度のギア比しか踏めないのが現実なんだが、市販品を見るとロールアウトが8mとか9mはザラである。

 でも、一方で思うのは、普通に売ってる自転車、例えば、DAHONのD7モデルなんかは、周長が1.5mで前が52T、後が11T~32Tくらい、ロールアウトでいうと7.1~2.4m程で良い線突いていると思うのだ。D7モデルを見て思うのは、レンジが完璧で完全に7段使える仕様で素晴らしいって事。
 そして、こういう自転車は一般人を相手に考えられた自転車で、評判が良いのは、機能的にも過不足無駄が無い事だと思う。
 そうすると、自転車という乗り手次第の乗り物は、攻めて動力に見合ったロールアウトでなければ無用の長物になるのでは?と思うのである。

 自転車の鍵はロールアウトって持論から展開させれば、DAHONのD7モデルと同じギアレンジを持つロードバイクこそが、一般人向けの良いロードバイクでは無いだろうか?
 ロードバイクにMTBのカセットつけて、フロントを38Tのシングルで決める!これが最強かもしれない。或いは、フロントをMTBのダブルかトリプルのクランクをいれてリアにロードのカセットを入れる!こういうのが過不足無駄無しの自転車が出来そうだ。

 今度、こういうビギナーズ(自分用)ロードバイクを作ってみようか?と思うところ。フロントインナーに22Tとか選べたら、カセットは9速の11-21Tなんて選べる訳だ。

 こんな記事を書くのは、プロ?ショップで生み出されるオーダーロードバイクが、オーダーでありながら普通に105フルセット、SORA、TIAGRAフルセットで組まれて、使えなければアウターは使わないでね!って商売がまかり通っている現実が腑に落ちないから。

 俺なら、ロードカセット+MTBクランク、、、、前の変速だけA050のハンドルバーマウントのフリクションレバーで行うようなパターンにしたいところ。カセットに9速の11-21T~13-25Tを選べば、クランクは44-32-22(24)Tなんかで良い案配になりそう。
 ロールアウトの場合、重たいギアは踏めないけど、軽すぎるギアは使い道が無くはないのだ。

|

« サービスマンモード | トップページ | するめボディ!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市販品のロールアウトを見て、、、、:

« サービスマンモード | トップページ | するめボディ!? »