« ギア比、合ってるのかな? | トップページ | アンテナレベル »

2009年4月20日 (月)

新生、 SUZUKA!

 F1GPの富士開催、MotoGPでの加藤選手の死亡事故で、影の薄くなっていた鈴鹿サーキットだけど、国際格式に見合ったサーキットとして生まれ変わるべく行われていた改装工事が終了し、この秋には新生鈴鹿サーキットでF1が開催される。

 皮肉なのは世界的な景気後退でF1をホンダが撤退してしまったこと。更には、その元ホンダであるブラウンGPが開幕から絶好調であること、、、、、なんとも皮肉だが、それはそれ、、、、

 そんな不幸な巡り合わせが重なっているけど、遂に新しい鈴鹿サーキットが出来たのは、純粋に嬉しいニュースである。

 鈴鹿サーキットの改修工事資料がコレ

http://www.mobilityland.co.jp/pressroom/suzuka/2009/04/09kai_090409v.pdf

 よく紹介されているサイトがコレ

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20090410_110707.html

 である。

 サーキットで注目なのは、普通には観戦エリアなんだろうけど、やはり安全面がどう進化したか?が一番の関心事である。
 今回はランオフエリアに人工芝と所々配置して広くエリアを確保しているのが注目点である。コースアウトしてから暫くの間は、タイムを失っても速度を殺す方法と場所が確保出来ているのは悪くないと言える。

 実際、専門家、競技者の方から見れば不十分な点もあるだろうが、施設の充実は徐々に行われれば良いことで、これを機会に、安全性の高いサーキットに成長していくのを望みたいところである。

|

« ギア比、合ってるのかな? | トップページ | アンテナレベル »

コメント

コメント有り難う御座います。
バブル期のホンダ車の印象が強い人にはショックかも知れませんが、F1の流れ、ホンダにとっての位置付けから考えると、yamaさんと同じ意見です。
ホンダを二輪メーカーと捉える私からみると、ホンダがWGPから撤退するとしたら、それは、三菱のパリダカ撤退に通ずる印象かもしれません。

投稿: 壱源 | 2009年4月20日 (月) 21時57分

ホンダは二輪やスーパーGTなどいくつもレース活動をしてるからフラッグシップ級とはいえF1撤退はまあやむを得ないかな?とは思いますが、三菱のパリダカ撤退は果たしてリストラといえるのでしょうか?
軽量化のため自転車からサドルを外す、みたいな印象があるなあ。

投稿: yama | 2009年4月20日 (月) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新生、 SUZUKA!:

« ギア比、合ってるのかな? | トップページ | アンテナレベル »