« 5/17~23の週の検索ワードピックアップ | トップページ | 軽さの意味を考える »

2009年5月25日 (月)

良い機材+風でスイッチオン

 日曜日は、ニシダサイクルさんの有志で広島~加計の往復で110km程のサイクリングに出掛けた。
 まったりサイクリングと言いながら、踏んでしまった。参加者の皆さんには申し訳ない事をしてしまった感じ、、、、、

 でも、ついついスイッチが入ってしまうのだ。特に、向かい風とかがスイッチの切っ掛けになるのである。

 個人的には向かい風大好きなのだ。今日は気圧の谷に入り天候不順の中、山から川沿いを吹き下ろす風が強烈であり、往路は結構な向かい風だったのだが、これが、超楽しいのだ。
 因みに、出動したバイクはBSのTTロードで、実質的なシェイクダウンだ。このバイクはフロントがトリプルで50-39-30T、カセットがジュニアで16-27Tなんだが、向かい風の中を50T×21Tで、110~120rpmで引きまくり、、、、、全開で踏んだら後続車に申し訳ないので、時折緩め、トレインを組んで引きますよ宣言でガンガンに引くのだが、心地よくなったら後ろへの注意が散漫になり完全に単独となるのだが、それでも距離にして15km以上は32~35km/hで走行、、、、、

 で、帰路はバリバリ追い風で同じ区間で距離にして15km程を50T×16Tでバイクのトップギアで130~150rpmで引きまくりというか、自動車の流れに乗って120~150rpm、、、速度で47~58km/h程度で走行、、、、、これも途中からハイテンション入ると後ろが判らなくなり、休憩地点で20分以上待つような、、、、

 ペースを乱して申し訳なかったのだが、それでも本日は、完全にアウター縛りでリアのカセットで16~21Tで完全にフォロー、、、、

 スイッチが入ったのは、風の影響もあるけど、自分の体力に合わせて平地如きはアウター縛りでOKというセットのレシオがバッチリ決まった嬉しさで、ついつい踏んでしまったのである。
 因みに、ポジション的にはラングスターTTと完璧に同じであるが、やっぱり最高である。

 途中、結構な数の高級ロードバイクを沢山みたけど、向かい風の中は多くの自転車がインナートップ近辺で走っていたのだが、それ見て、やっぱりなぁ、、、と思ったことがある。

 っていうのは、自分のポリシーは、車体の重量よりも駆動時の心地よさと機械損失の抑制で実質的に軽く走れる自転車の方が使いやすいという考え方。

 それは、、、、、常用域においてアウター×リアカセットの真ん中辺という拘り、、、、この状況はチェーンに掛かるテンションも緩すぎず、張りすぎず、、、、チェーンラインも完全にストレートであり、120rpm近辺で踏んでいると路面とタイヤの駆動音しか聞こえない程に機械損失が少ないのだ。そして、風の影響を受けるであろう速度域ではカセットでいうと19~21T近辺なんだが、その際の1T刻みがギアスプリット比で5%程度の痒いところに手が届くクロウス具合なのだ。
 これを、軽いカーボンフレームでリアカセットが11~12Tトップの場合、同じギア比を得る場合は、インナートップ近辺であり、チェーンラインも厳しく、カセットの13T近辺での1T刻みのギアスプリット比が8%程度と実は結構なワイドレシオとなっている。
 回転で速度を稼ぐ場合、この8%スプリットっていうのは脚にダメージが溜まりやすい。

 果たして、シートステーがごつい、アルミとかカーボンの軽量フレームで普通のカセットを使う事で、フロントインナーを平地デフォにしてチェーンラインを狂わせて、テンション不足なチェーンの踊りで駆動損失が大きくなった上にギアスプリットが広い自転車と、少々重いクロモリながら細いシートステー+ロードエンドのフレームにジュニアカセットを組んでアウター縛り+真っ直ぐチェーンラインで無音駆動が可能な程に少ない駆動損失とイイ具合のギアスプリットが得られる自転車は、実際、どっちが速いと言えるだろうか?

 自身の経験上、一般のロードカセットが踏めないような自分レベルのオッサンにとっては、2kgの静止重量差と、歪んだラインに暴れるチェーンによる駆動損失を見比べると、実質は漕いで無音で走れる自転車の方が圧倒的に高性能だと思うのだが、それが改めて実証できたという満足感が一杯なサイクリングだった。

 でも、追い風で、僅か15km程の距離とは言え、50km/hオーバーでアベレージが刻めるなんて予想以上のバイクの仕上がりの良さであるし、向かい風でも35km/hがキープ出来る自転車には改めて満足感が一杯だ。
 こういう自転車に乗ると、機材も重要かな?って思うところ。

 あと、余談だが、川沿いで所々存在する5~8%程度の丘、距離にして300m程度だろうけど、そこを平地で巡航している35km/hイーブンのペースで変速無し、DHポジションのままでクリア出来るっていうのも、自転車の御陰である。今回のBSロードフレームはトライアスロンモデルのフレームだが、シート角も結構立って、前乗り仕様だが、110~120rpmペダリングが楽にこなせるポジションが得られるのだが、そのポジションの御陰で、少々の丘は変速不要でクリアできる。
 自分にとって、最高の機材だなぁと、改めて思うところ。

 良いスケルトンと造作は、ポジションとギアレシオの選定に最高の贈り物を与えてくれるようだ。

 この記事はメインサイトのツーリングレポートにもアップするけど、兎に角満足だ。

 やはり、持ち上げての軽さよりも、踏んでの軽さが大事だなぁ、、、、、。

|

« 5/17~23の週の検索ワードピックアップ | トップページ | 軽さの意味を考える »

コメント

切った、貼ったをされてると、ホント、現物合わせの世界ですね、、、フロントシングルでリア多段なら、真後ろから見て、リアのフリーの真ん中の時にチェーンが真っ直ぐになるように位置決めしないといけませんね。

投稿: 壱源 | 2009年5月26日 (火) 21時14分

40Tから48Tで買ったチェーンが現状より3コマ多かったのでそのまま使いました。

BBの突起とクランクの穴が明らかに合わなかったので、突起を削ったりとちょっと泥沼状況になりました。
44Tの在庫が無いので48Tにしたので、KHSで余った44Tのリングに代えれば直るかも知れません。

投稿: yama | 2009年5月26日 (火) 19時07分

車重っていうのは軽いに越したこと無いですね、、、、でも、実際に走る時は装備重量ですから、実は必要な荷物を最小に留めるのが一番効果的です。
自分の考えでは、以下に最小限度の工具で緊急メンテがこなせるか?が肝と思ってますので、修理スキルの無い人程、荷物が過剰になって重くなるかな?と思ったりします。後はやっぱり、機械損失、摩擦損失ですね!

ところで、チェーンリングを大きくされてから、チェーンのコマ数はどうなってます?
あと、チェーンリングがトリプル仕様でアウター部で48Tを使われてる場合、リングの取り付け位置の工夫も必要かも知れませんね。

投稿: 壱源 | 2009年5月26日 (火) 00時04分

車重、チェーン、ベアリングのフリクション、タイヤ(太さ、パターン、空気圧)他走行抵抗要素で私に体感できるのは車重かな、1kgはわからないけど2kgならわかる程度ですが

クランク40Tを48Tに換えたらラインが変わってチェーンが外れます、どうしたものか?

投稿: yama | 2009年5月25日 (月) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 良い機材+風でスイッチオン:

« 5/17~23の週の検索ワードピックアップ | トップページ | 軽さの意味を考える »