« 次の遊びの対象は | トップページ | 定年年齢延長はホントに良いのか? »

2009年5月28日 (木)

回復力

 先週末に網戸の張り替えで誤って指先を結構深く切ったのだが、その傷からの出血は直ぐに止まり、翌日からは皮が固くなり、殆ど違和感無い状態になった。所謂、完治には二日程度である。

 他には、裂傷、擦り傷も少なくないけど、殆ど、一日、二日で治る。そもそも、怪我した箇所が化膿した経験なんぞ皆無。思い起こせば、大腿骨の粉砕骨折の際もステンレスプレートによる固定手術の1週間後にはレントゲンで確認出来る程の骨の痕跡が見えたし、壊疽虫垂炎でも術後5日も要さずに完治した。

 自身、昔は治癒力はこれが普通って思っていたのだが、どうやら治癒力が異様に速いような感じで、掛かり付けの医者には『トカゲ?』って言われる程。

 怪我からの回復とか、手術創の回復っていうのは、考えてみれば失われた皮膚の再生であり、所謂新陳代謝の力なんだと思う訳で、やはりメタボリズム『新陳代謝』を整えるのは、活発なエネルギーの収支在ってのモノだと思うのである。

|

« 次の遊びの対象は | トップページ | 定年年齢延長はホントに良いのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 回復力:

« 次の遊びの対象は | トップページ | 定年年齢延長はホントに良いのか? »