« 10年前のデジカメ | トップページ | チーム『ひとり』 »

2009年6月 5日 (金)

ダイエット~筋力強化で判った事

 ダイエットで体重、体脂肪、胴囲を-20kg、-20%、-20cmと順調に減らす事が出来た。結果、体重は64kg、基礎代謝で1570kcalという状況迄落ちたけど、その後は筋力増強を目的に運動形態を変更した。筋トレメインで、今の体重が67kg、基礎代謝で1640kcalというところ。概ね順調だ。

 因みに、体重のピークが2005年の8月頃だ。で、それ以前を振り返ると、、、、、最後に単車でサーキットを走ったのが1998年であり、その前の第一段階の肥満傾向であった1994年頃で75kg(それでも胴囲は76cm程度)、それをツナギの着れる体型を戻すということで1998年に68kg、しかし、1999年に結婚して、仕事も多忙になって、育児も重なって、、、、、いつの間にかというか6年で+18kgの86kg迄増えたのである。
 振り返ると、体重は増えても何故か、筋トレ、水泳は続けていたのが今思えば不幸中の幸い。

 体重の変動の歴史は運動量の変化の歴史だ。今も続いている筋トレは1995年頃からの話、水泳は大学時代を除く学生時代全般と、社会人2年目の1993年以降今までずっと行っているのだが、公私とも多忙になったのが1999年頃からで、その多忙さで運動していた時間が他の用に奪われたのである。結局体重が増えたのは、不摂生、睡眠不足+間食が不変であるにも拘わらず、水泳、筋トレに掛ける時間が減ったのが最大の原因。

 その運動量減少で剰ったエネルギーが贅肉、脂肪として身体に付いたのが事実だが、良かったのは、持久力と筋力はそれ程衰えていなかった事だろう。毎日行っていた筋トレと水泳が、週1のペースに減ったとは言っても、そういう運動を継続的に行っていたから、筋肉が痩せ細る事無く持ち堪えてきたのだろう。それ故に、三ヶ月で急激な減量が比較的楽に出来たのだろう。
 前記事で書いたように、単純に毎日3kmずつ泳げば減量できる!って理屈は、最低限、毎日3km泳ぐための、泳力、心肺、疲労回復力が無いと出来ない話。1時間で3km泳ぐという速度を稼ぐ筋力が無いと出来ない話なのだ。逆に言えば、そういう動力源である筋肉があればこその話である。運動経験の無い人には無理な話とも言う。

 思うに、メタボにも2パターンある。運動経験のあるメタボとそうでないメタボ。筋肉+脂肪なメタボと脂肪だけのメタボだ。本当の意味でダイエットが難しいのは、運動の燃料である脂肪を消費するためのエンジン、即ち、筋肉が付いていないモノ。

 体重が落とせるかどうか?それは、筋肉があるかないか?である。

 兎に角、体重の中の脂肪を除く事を目標に取り組んだのが、軽量化日記、その後が筋力強化日記、今が生活習慣記録だが、軽量化日記の後の筋力強化では、ダイエットが僅か3ヶ月で行えたのに対して、地道で長い筋トレを行っても一年如きでは、明確な変化を感じ取りにくい成果しか生まれない。
 それほどに、脂肪を減らす事に対して、筋肉を付ける事は難しいのである。考えれば当然だ。人間の身体において脂肪が過剰っていうのは異常な状態であり、異常状態からの回復は生体自体が正常化しようとする力と同じ方向を向いている。
 しかし、成人で完成された身体では、筋肉を増やそうとしても、逆に変化を好まない方向に身体は安定性を保とうとしたり、加齢による衰えで筋肉は減ろうとする。つまり、狙いと摂理が逆の方向なのだ。

 今思うのは、ダイエットより大変なのは、筋肉を付けること。筋肉さえ在れば、少々の脂肪はどうにかなる。しかし、そう思えるには筋肉が必要だし、肥りにくい身体の代名詞であるのが、やはり筋肉。しかし、その筋肉を増強することが一番難しい。少々の運動では筋肉は付かない。

 世で言うダイエットで最大の難しさは、加齢と共に衰える身体を維持し、ダイエットが不要なシステムを完成させる事。つまり、加齢とともに減ろうとする筋肉を減らさずに、寧ろ増やすような生活習慣を維持すること。そう、体重を減らすのは簡単だが、減らした体重を増やさずに大量に沢山の食物を食べる事を容認する身体を作る事、つまり筋肉を増やす事が最も難しいのだ。

 今、ダイエットを終えて、筋肉増加に取り組んでいる。

 それでも、筋肉量は簡単には増えない。

 ダイエットの終着点は、筋肉量の増加へのシフトを意味するが、其処までを視野に捉えないと、ダイエットが成功したなんては言えないもの。何故に成功したと言えないか?というと、リバウンドのリスクを抱えたままっていうのは、ダイエットが完成したとは言えないのだ。リバウンドのリスクを抱えた減量の主たるものが、食事制限、絶食、サプリ、外科手術等だが、それは、人間の本能、機能を制限して得た一時の姿。本来の機能を制限するのは長続き出来ない。一生、変なサプリや制限食ばかりで生活出来る訳がないのだ。つまり、必然としてリバウンドするのである。そういうのは、やはりダイエットの完成形では無いのだ。ダイエットの完成形とは、人間の本来の欲望に従った生活をおくってもリバウンドしない生体システムの構築、即ち、従来の食生活でも肥らないような筋肉を身に付けるということなのだ。

 ダイエットの秘訣、それは筋肉、話は変わるけど、人間が身体を使った運動を行う上でも大事なのは筋肉だ。腰痛防止、それも筋肉、自転車のパフォーマンス、それも筋肉、基礎代謝アップでも筋肉、体年齢も筋肉、何から何まで大事なのは筋肉。因みに、心肺機能云々でも、心肺機能とは酸素摂取能力で、酸素が沢山いるのは、沢山の筋肉があるから。全ての生体活動の根元は筋肉に向かう。極端だが、最近はそう思う事が多い。

 そして、筋肉は一日にしてならずなのだ。ダイエットでの脂肪除去は3ヶ月、しかし筋肉を2kg付ける、基礎代謝を100kcal近く高めるのは1年以上の年月を要してしまった、、、、

 ダイエットで判った事、、、、鍵は筋肉なのだ。

|

« 10年前のデジカメ | トップページ | チーム『ひとり』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイエット~筋力強化で判った事:

« 10年前のデジカメ | トップページ | チーム『ひとり』 »