« LAN接続、高速化! | トップページ | ハイギヤードなレシオに挑む!? »

2009年8月 8日 (土)

絵に描いたアホ

 通勤途上災害が多いそうだ。特に、二輪車がらみの事故、単車と車、自転車と車、、、、そんな事故。

 聞けば、ドアの急な開放、右直事故、巻き込み事故、、、、、これって、絵に描いたような事例に従った事故。まるで、訓練しているかのような事故が起こっている。

 で、、、、、、思うのは、これで悪者になるのは実質被害の少ない車がそうだが、ブッチャケ、大きな的に突っ込む二輪車が悪い方が殆どだろう。

 絵に描いたような事例で紹介された事故に向かうって、、、、、ゴキブリホイホイに捕まるゴキブリとか、そんな印象。

 絵に描いた事例は誰でも知っている。他人事の場合は、笑ってる人が殆ど。

 それでも事故に遭う。事故に遭う人の殆どが、繰り返し遭う。そんなもん。学習機能が付いていないとかというよりも、不思議でしょうがない。

 労災でも事故を集計して、災害予測して災害防止運動っていうのは普通。でも定形化した状況以外の事故が多いし、定形化しても同じ事故は減らない。
 交通事故も同じ。どんなに定形化されても事故は無くならない。

 これって、ルールや傾向を知らしめても、殆ど意味無いのでは?とも思える。事故が起きる原因は、その分析結果を情報として提供しているかどうかは関係ない。結局、作業時における注意力が無いから。状況判断が出来ないから。以前、鳥瞰って記事を書いたけど、其処しか見ていないから、そこしか見えないから、もっと言えば、バカだから。

 不運な事故もあるけど、少なくとも、出会い頭とか、右直事故とか、巻き込み事故とか、、、そういうの、有り得ない。

 まぁ、事故に限らず、何度言っても同じ過ち繰り返すのは多分、同類項だろう。

|

« LAN接続、高速化! | トップページ | ハイギヤードなレシオに挑む!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絵に描いたアホ:

« LAN接続、高速化! | トップページ | ハイギヤードなレシオに挑む!? »