« 政治に望む事 | トップページ | いよいよ選挙だ »

2009年8月29日 (土)

世間のロード感

 先日、ニシダサイクルさんでパーツ注文をしていた時に、近所のオジサンとチョット会話した。
 この方、クロスバイクから始めて、この度、ロードバイクを購入された模様。楽しく、沢山走っているようでイイ具合だが、話を聞いていると、走っていると挑発を受けるし、挑発する事もある。それが楽しいのだそうだ。そして、その見ず知らずの人との対峙の際は、相手の自転車、グレード、パーツ、相手の体型を見て、勝てる?勝てない?を判断して挑むような気持ちになるとのこと。
 そして、ロードバイクに乗ったら、今迄の自転車とは違う世界で走れるので、ロードバイク=速い!って豪語されていた様子。

 恐ろしいもんだ。

 ぶっちゃけた話、自転車なんて見ず知らずの人と対峙した瞬間での優劣なら、どんな自転車でも一緒。長時間、長距離を走ると差が出るかも知れないが、抜いた抜かれた、追い付いた、、、そんなレベルでは自転車の差なんて影響は殆ど無いと思う。
 自転車がタイプや価格によって速いとか、遅いの議論は、瞬間では発揮できないモノ。対峙した瞬間に現れる差っていうのは、これは、モロに乗り手の体力と経験だけではないだろうか?もっと言えば、体力に見合わせた走りの組み立てが出来るかどうか?つまり、経験の差がフォームの差となり、フォームの美しさが所謂、速さの差になると思うのは自分だけだろうか?

 単車でも同じだが、自転車でも結局は持っているリソースを自分で如何に効率的に運用できるか?が大事であり、自分の持てる力が弁えれる人こそ、強く速いと言える。

 速さ=経験、経験=リソースの活用法だが、それが見えないと、パーツやグレードに傾注し、無謀なトレーニングに強さを求めたりする。この辺りの差が経験の差では無いだろうか?
 勿論、経験によるリソースの認識が、己の弱点の理解に繋がり、その補強を目的としたトレーニングとか鍛錬というのが大事なのは言うまでもない。経験が無ければ、そんな目的意識が欠如して、人がやってるから!とか、誰々が言ったから!という他の意見で良いとされるモノを盲目的に求める傾向になるんだろう。

 これは、最近、自転車、単車に限らず、色んな分野で感じる事でもある。

|

« 政治に望む事 | トップページ | いよいよ選挙だ »

コメント

因みに、今日のハイラックスは、折り返し地点で軽四に車間距離ナシで煽りまくっていた車でした。
土手から見下ろした車道で下品な車が居るなって思っていたのですが、その後、土手と車道が併走状態となって途中から合流する道なんですが、信号の関係で自転車が先行する状態になった訳です。
その後、土手道を後方から猛スピードで抜かれた訳ですが、どんな相手に対しても挑発する人だった訳です。
多分、野菜、カルシウム不足な人だと思いますが、困りものです。

投稿: 壱源 | 2009年8月29日 (土) 23時15分

バイクで似たようなことがあったときは、信号待ちで窓にヘルメットを付けてにらんだのですが全くこっちを見てなかったやつと、追い詰めたら降りてきてキチガイとわかったので無言で立ち去った、ということがありました。

変な事をするやつは危険なので関わるべきではないですが、本当に絞めてやりたいですね。

投稿: yama | 2009年8月29日 (土) 21時52分

今日、似たような状況になりました。四輪に挑発的に連続クラクションならされたので、締めてやろうと思いました。
ピストでほぼ全速の50km/h走行で、その区間を走りましたが、前方の信号のタイミングで逃げられました。

一度あることは二度、三度あるかもしれません。

投稿: 壱源 | 2009年8月29日 (土) 21時35分

田舎のせいかスポーツ自転車に遭遇することが少なく、挑発をしたことも受けたこともありません。

しかしこの前左端を走っていただけなのに後ろから四輪にクラクションを鳴らされたので、反射的に全速力で追いかけました。(それでどうしようと言うわけではない)

下りとその前の車が遅かったので、もう少しで追いつきそうだったのですが、そいつは前の車の追い越しを諦め、ウインカー無しでわき道に入っていきました。

見た目にはただ全速で走っただけなので、おかしなやつには関わらない主義には反していません。

投稿: yama | 2009年8月29日 (土) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世間のロード感:

« 政治に望む事 | トップページ | いよいよ選挙だ »