« 材質名称だけで判断とか、、、 | トップページ | メーター »

2009年9月24日 (木)

単車の免許制度規制緩和?

 連休前のニュースだけど、内容は普通自動車免許に付帯する原付免許を小型二輪の枠組み迄引き上げようという動きがあるということ。

http://response.jp/issue/2009/0915/article129608_1.html

が記事だけど、一体どういう事?っていうのが素直な感想。現在、小型二輪というと普通二輪免許での小型限定という枠組みの免許だが、それを普通免許に付帯させるということは、原付免許の枠が広がり、二輪免許が普通と大型の二種になるって事?を連想させるのだが、どうも難しそうというか、今の枠組みで行うのは無理があるような印象。

 そもそも、今の二輪免許のAT限定っていうのは、四輪のAT限定とはまるっきり違う乗り物故に、その区分自体に無理がある。

 少なくとも、小型二輪を普通車に付帯させるとしても、通常のスポーツバイクの125ccは原付とは異質の乗り物で、中型車みたいなもの。現実には、小型のマニュアル車が存在しないからとはいっても、未来永劫マニュアル車が無いか?というと、そうとも限らない。

 如何に、二輪の売り上げが全盛期の1/10に落ち込んでいるとは言えば、規制緩和すれば良いというものでもないだろう。

 免許制度、区分自体が前時代的であり、普通と大型の区分が400ccというのも現実にそぐわない。欧州の保険制度のように出力で分類したり、車体の申請重量で区分する方が自然だし、普通車への付帯性という面では、スクーター限定とかの方が判りやすい気もするが、その辺の議論を尽くしてから規制緩和の要望等を業界は申請するべきではないだろうか?

|

« 材質名称だけで判断とか、、、 | トップページ | メーター »

コメント

こんばんは!
そうですね、付帯の前提は今以上の資格を付与する訳ではありませんね!
実際、チョイ前の普通免許は中型免許で8t限定に変わっていますから。

投稿: 壱源 | 2009年9月29日 (火) 01時14分

^^こんばんわ
規制緩和するなら規制を強化しなきゃバランス的につりあわないでしょう。
自動車免許に付帯するなら、免許取得時の選択制にするとか、現行免許で既に原付に乗っているならなら小型二輪相当の講習を義務付けた上で実技に合格しないと付帯されない。
現行原付免許所持者は排気量制限を50cc未満とするとか。

二輪乗車時のプロテクター装着をシートベルトと同様に義務付ける等。

投稿: @Navi | 2009年9月29日 (火) 01時04分

そうですね、免許制度自体が現代の事情に在っていないのが現実ですよね、、、、やっぱりスクーターがAT限定の自動二輪とか変と言わざるを得ません。原付の定義は兎も角、原付特有の法律も再考の余地ありますよね、、、、。

ワークスマシン、実物は渋いですね。
ところで、来年からGP250がMOTO2クラスになるっていうのは、物凄く寂しいですね、、、、、

投稿: 壱源 | 2009年9月26日 (土) 00時18分

こんばんは

朝の通勤で一番多いのが50cc
そして事故遭遇率が高いのも50cc
規制緩和された日には、怪我人より死者の割合が高くなりそうで恐ろしいです。

緩和より、前時代的な免許制度を見直すのが先だと思います。


追伸

交通科学館の展示、なかなか良かったですね。
やはり、レーシングマシンは他のバイクと違います。オーラーが出てました。

投稿: カジバ | 2009年9月25日 (金) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 単車の免許制度規制緩和?:

« 材質名称だけで判断とか、、、 | トップページ | メーター »