« ダンベルと腹筋台 | トップページ | オークションにて »

2009年10月14日 (水)

二輪車を操る上で、、、、

 二輪車を操る上で大事なのは何か?
 諸説あるけど、単車でも自転車でも守っている事がある。それは、、、、、身軽な装備と、荷物が目の届くところにある安心感だ。

 自分の場合、これが絶対だ。例えば、単車で峠を走る、前後に激しいGが作用する。更に、左右に激しくバンクする。そんな運転で意識は前方の道路に集中している。そして、五感は路面からのインフォメーションの取得にフル回転している、、、、そんな状況では、荷物がどうなった?とかハッキリ言って判らないのだ。以前、スモーカーだった頃、、、ポケットから何セットの煙草とライターを紛失した事か、、、、そんな状況なのだ。勿論、峠を攻める時、身体の自由が必須であり、背中に重たい荷物を背負うなんてナンセンスだ。

 自転車でも然り、自転車の場合は、激しい前後のG、左右のバンクは無いけれど路面からの小刻みな振動が常に作用している。そんな状況に加え、ホイールが露出している構造上、変な紐のようなモノは巻き込み等で非常に危険であり、やはり荷物は無いに越した事は無いのだ。自転車でも荷台に何かを付けるという事自体違和感を感じるし、荷台を付ける事自体も相当に抵抗がある。勿論、背中にモノを背負うっていうのは、重要なラジエターの機能を奪うので絶対NGだ。

 つまり、単車も自転車も、リアシート、リアキャリアに荷物を縛るのは非常に不安であり、背中にバッグを背負うのも抵抗感アリアリなのだ。
 しかし、単車も自転車も一人で楽しむモノ。山奥で遭遇する不意の事態に備えるには、相応の装備も必要、、、、よって、装備は必須、手ぶらはナンセンスなのだ。
 となると、荷物を装備する必要がある。

 どこに?

 身体に付けない、、、、目の届く範囲、、、、、、そう、伝統的にスタンダードが確立されている。

 それは、そういう思いを持つ人が多いからだ。自転車の場合はフロントバッグ、単車の場合はタンクバッグである。これはライダー、サイクリストの必須装備なのだ。

 自身、サイクリング、ツーリングに数多く参加するけど不思議な光景は、レプリカバイク+革ツナギ、でも、ディバッグとか、ショルダーバッグ、、、、、これ、変だろ?他にも、最新のフルカーボンロードレーサー+レーパン+レーシャツ、、、、でも、ディバッグ、、、、、これも凄く変だろ?って感じ。

 手ぶらで出掛けるのも不思議ちゃんだが、完璧装備なんだけど、最後にディバッグっていうのも、それなら、そんな格好は変だろ?って印象だ。

 思うに、ロードレーサーとかトライバイク、ピストっていうのは競技車両であり、走る場面ではサポートが存在する。それ故に、荷物は不要になったりする。
 でも、プライベートユースっていうのは公道で一般使用、、、、ならばサポートが無いのが普通。そんな時、荷物が必要、、、、そうする時どうすべきか?結構難しい問題だ。

 サイクリングで長距離を四輪併走ナシで走るなら、そういう競技車両は使いづらいのが現状だろう。そんな時、自転車ならスポルティーフ、単車ならツアラーが日の目を見るのだ。自宅界隈の限られたエリアを走る場合こそ、レプリカバイク、ロードレーサー、ピストバイクは使えるが、チョット離れると、、、、、スポルティーフ、ランドナー、ツアラーが俄然全うな選択となるものである。

|

« ダンベルと腹筋台 | トップページ | オークションにて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二輪車を操る上で、、、、:

« ダンベルと腹筋台 | トップページ | オークションにて »