« SUSロード、SILKピスト、帰還準備(置き場確保)完了! | トップページ | 歩く筋肉≒漕ぐ筋肉 »

2009年10月23日 (金)

何時、何乗る?

 チョイ前に最後に残る自転車は?って記事にコメントを頂いた。
 そのコメントには自分に違い考えを感じる事が出来たのだが、最後に残るという仮定の話が出るには理由があって、今時点ではアホみたいに大量に持っているという事の裏返しでもある。

 因みに、複数の車体を所有する理由の一番は、、、単に欲しいからである。欲しい理由は人によって色々だろう。ブランド、性能、デザイン、用途、、、、色んな視点から色々望むだけだと言える。

 自分の場合、欲しい理由は色々だが複数所有するには、変なこじつけ的な理由があって、それが、用途別というのが第一のプライオリティとなっている。だから、どの自転車も大事でお気に入りなんだが、用途を考えている手前、乗る頻度が激少なモノも存在する。

 そして、前述の最後に乗る自転車は?っていうのは、言い換えれば、乗る頻度が最も高い自転車は?との言い換えでもあるのだ。そして、自分のライフスタイルから言えば、頻度が最も高いのは、時間の隙間に場所を特定せず足代わりに使うというのが一番であり、それこそが折り畳み小径車であるDAHONとなっているのだ。その次が何か?というと、健康維持に避ける週末早朝1時間を利用して走る道具となっているのだ。更に、順位を続けるとローラー台スペシャルなシルクピスト、昼下がりの週末自歩道機のオ・モイヨWW、家族サイクリング用ルイガノMVF

 つまり、所有し続ける順を書き表すと、、、、

DAHONスピママ号>ラングスターTT>シルクピスト>オ・モイヨWW>ルイガノMVF・・・・・・

 となるのだ。そして、このような車種を選択するには、自分の用途、目的もあるけど、道具を使う場所での安全、調和も考えているのだ。

 乗る場所、時間を選ばないというと、機動性、耐久性、積載性を重視する。するとDAHONのスピママ号がそれに最適な一台となる。段差、走れる速度域、走る場所での調和性、、、そういう懐の深さが活躍するフィールドの広さとなっている。
 固定シングルDHバー付きのラングスターTTなんて自転車は、乗る時間、場所を選ぶバイクである。そんな自転車は、他の交通と一緒に走るのは危ないモノだ。低速な自転車、歩行者、ジョガーと混走するのは危険だし、高速な自動車、単車が多い時間帯を走るのも危険である。走る時間帯というのは、他の交通と遭遇しない時間帯に限る乗り物。そして、シングルスピードということで、決まった状況のみに対応するモノとなり、それって、早朝の平地という限定仕様となるのだ。でも、実際、家から往復で1時間以内の環境、早朝で完結できる状況を考えると、遠くの色んな状況を想定するロードよりは実用的だったりするのだ。
 同じ場所(川沿いのホームコース)でも午後の時間帯は、非常の多くの歩行者、自転車、午後の車道は多くの運転に不慣れなドライバーが車を走らせている。そんな状況では、DHバー装備の固定シングルはナンセンス、剰りにも戦闘的なロードもナンセンス、、、すると、小径折り畳みのロードっぽいので十分という判断になる。
 家で三本ローラーに乗るならピストが一番という判断になる。

 となると、走る場所的には、他の交通と絡まない場所で、なおかつ一定以上の長距離、勾配が存在するような場所で活躍するであろうフルサイズのスポーツサイクルっていうのは、地域的には山間部といったような郊外地域になる。すると、そういう場所への往来を含め、丸一日仕事であり、なかなか時間を作る事が出来ない。即ち、乗る事が無いとなるのだ。
 そんな走りが瞬間でもしたいといって、他の低速走行車、歩行者が沢山居る時間帯の自歩道を走る気も湧かないし、休日昼下がりという自動車を運転し慣れていない人が大量に溢れ出る車道を走るリスクも冒したくないので、そういう場面でロードバイクは使う気にならないのだ。現実、そういう場面で使える時間帯は、通勤、通学者が居ない休日の早朝くらいであり、休日早朝で完結出来る場所は、家の近くであり、山なんて無い、、、、すると、ロードバイクでもシングルスピードで十分となってしまうのだ。持ち出すには、一定以上の時間が必要で、他の交通と絡まない場所が必要で、、、、って事が理想なロードバイクっていうのは、自分のライフスタイルでは使う時が物凄く限られてくるのである。

 そんな訳で、機材としては大好きだけど、使用頻度では物凄く限られるのがフルサイズのスポーツサイクルという事である。ロード、トライバイク、スポルティーフ、、、この三台はお気に入りだけど、使い道がないのが実情であり、機材というよりも盆栽みたいなもんだ。

|

« SUSロード、SILKピスト、帰還準備(置き場確保)完了! | トップページ | 歩く筋肉≒漕ぐ筋肉 »

コメント

そうですね、自転車は乗らなくても腐らないのが大きいですね!
取り敢えず、何か一台でもしっかり乗っていれば身体も大丈夫ですから。
単車はガンマ200のキャブOH中です。結構大変だったりして、、、、。

投稿: 壱源 | 2009年10月23日 (金) 07時55分

何でも複数持ってると、使用頻度が偏るものですが、自転車はオートバイと違って税金保険等が無いので使わなくても気が楽です。

あと放置しても致命的なことにはならないかな?
かつて2台のオートバイが両方ともキャブに劣化ガソリンが詰まり、結局捨てた、ということがありました。

投稿: yama | 2009年10月23日 (金) 07時19分

こんばんは!
趣味性の強い自転車ほど、用途が別れますね!
でも、用途別といって集め過ぎると、付き合える時間自体が限られるので、一台に乗る時間は限りなく少なくなるか、結局乗らず仕舞いのモノが出たりしますね。
我が家では、フルサイズのロード系モデル、、、、殆ど乗ってません。

投稿: 壱源 | 2009年10月23日 (金) 00時31分

決まったコース、乾いた路面ではルイガノR2改が最も爽快でかつ疲れないからこれがほとんど。

あと短時間しか乗れないときや路面が濡れているときは泥よけを付けたシングル化改造のクロッシム(11kg台のアルミフレームクロスバイク)

車に積んでの出先、濡れた路面、ダート悪路全てに対応できるのはKHSウエストウッド改ですが、使用頻度はあまり多くないです。
後輪の減りが目立ってきたので、ローテーションしようかな?と思ってます。

投稿: yama | 2009年10月23日 (金) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何時、何乗る?:

« SUSロード、SILKピスト、帰還準備(置き場確保)完了! | トップページ | 歩く筋肉≒漕ぐ筋肉 »