« フィギュアで銀かな? | トップページ | 携帯電話に使われて、、、、 »

2010年2月18日 (木)

DVDレコーダー修理

 昨年、購入したいVHSも読めるデッキ、DMR-XW200Vだけど、2/3に障害が発生した。内容は操作一覧ボタンが効かない。そして、ガイドボタンを押すとメッセージが出る。内容は、内部エラー(B001-32)で、内部のファイルにアクセスできない、、、、、そういう内容。

 このデッキの保証期限は2/9で、後一週間という状況。

 そこで、最初にサポートサイトで調べると、本体の電源ボタンを3秒長押ししてリセットし、コンセントを抜いて一分放置すると強制リセットが可能で如何?ということ。

 並行して、修理サポートにも修理依頼。

 すると、サポートサイトの情報で一応復帰した。同時にテクニカルサービスから点検、、、、結果、リモコンの交換で様子を見ましょう。との解答。保証期限云々を効くと、保証期間内の修理で同じ症状が三ヶ月以内に発生したら、無償対応とのこと。

 すると、2/14に、再度障害発生、、、、今度は電源回りの強制リセット動作も受け付けない。修理に来られたエンジニアの方は、その時点でHDDが壊れているのかも知れないとの解答を頂いたのだけど、その旨を再度電話で連絡。

 結果、HDDユニットの交換となった。今回の修理でHDDユニット部分の保証は3ヶ月程延長された訳だけど、それを過ぎると有償になる。なお、今回の危惧を察してかどうか?は知らないけど、サポートの方は、内部のデジタル基盤、DVDドライブも交換。既存部品としては、電源、VHSユニット、ケースのみとなった。
 今回、ユニットの解体作業を見て驚いたのは、内部HDDは完全に普通のパソコン用HDDである。代品のパッケージもメーカー出荷状態のままである。組み付けてデッキ起動過程で専用フォーマット作業が行われるようである。つまり、、、、次回以降HDDが壊れたら、もしかしたらPC用のHDDに勝手に交換しても大丈夫かな?って印象だ。
 本機は、先代のVHS一体ユニットであるEH70Vの不調で調達した機種。調達段階でXW200Vは流通在庫のみであり、ヤマダ電機で通販購入したのだけど、やはり家電は5年の長期保証が付けれるモノが望ましい。

 今回の不調発覚は、CATVのSTBであるTZ-DCH2810を交換する工事が迫っており、STB内のHDDに保存した番組をダビングする時に発覚したのである。STBの交換が2/20と決まっている。それまでにHDDからダビングする必要があるのだ。

 まぁ、EH70Vが普通に使えているので、今回はXW200Vの修理の日取りに余裕を持ち、本機を寝室で使う事を前提にして、新たにHDDレコーダーを調達済みだから大丈夫。何故にHDDレコーダーを調達したか?というと、春モデルが登場直前なら、昨年夏モデルが安価で売られるから。型遅れで結構。半年経てば型遅れだから気にしない。必要な機能はi-Linkと大容量HDDだ。それが在れば何でもOKなのだ。

 今回、XW200Vの位置に置いていた場所には、1TBのBDレコーダーがセット済み。勿論、STBであるTZ-DCH2810内のHDDはダビング済みだ。

 XW200Vは二階寝室のDVDプレーヤーと交換し活用する予定。なお、BDレコーダーの調達では新しい薄型テレビも見てみた。
 従来の蛍光灯バックライトの液晶、最新のLEDバックライト液晶、人気落ち目のプラズマ液晶の三種類。輝度的には蛍光灯バックライト液晶は見えにくいし、応答も今一。LEDバックライト液晶は高輝度で見やすいけど、画面表面がガラスパネルとちがうので艶やかさが足らない。微妙に追随性も劣る。プラズマはどうか?っていうと、艶やかさはあるけど明るい場所では輝度不足気味、、、、、一長一短である。

 確かに、家電を家具として捉えると薄型も悪くないけど、HDブラウン管から買い換える程では無い。動画表示媒体として捉えると次の三点が必要。

1.明るい場所で見える高輝度
2.色映え重視、艶やかさ重視で出来れば光沢画面が望ましい。
3.後は追随性というところ。

 艶やかさを望み光沢画面が欲しければ、映り込みに負けない高輝度が必要ということだ。最新のLEDバックライト液晶とプラズマの良いとこ取りの機種が出れば考えたい。
 待てど暮らせどでないSED、FEDテレビよりもLEDバックライトの液晶テレビにアクリル系パネルを被せて使うのがベストかな?とも思う今日この頃、、、、実は、自宅のPCメインマシンは、古いシャープの液晶パネルにグレースモークのアクリルパネルを重ねて使っている。これが良い具合だが、こんな感じになるかな?と思ったりする。

 さて、今週末はSTBの入れ換えである。一年単位で視聴形態がアップデートしている。

|

« フィギュアで銀かな? | トップページ | 携帯電話に使われて、、、、 »

コメント

私もHDDは専用、せめてSCSI系か?って思っていましたが、全く普通のATAドライブでした。只のATA100ドライブです。
これなら、自分で対応できそうですが、認識可能容量は判りませんので、あまりチャレンジングな交換は難しいかもしれません。

有機ELはダメでしたね、、、、でも、次はバックライト式でなく自発光ダイオードになるのは間違い無いとは思います。

投稿: 壱源 | 2010年2月18日 (木) 23時35分

HDDへ録画するって言うのはどんな風なのかと思っていました。特殊なHDDかと思っていましたが、同じかもしれないのですね。データー信号の形式とか読み込むソフトが違うのかもしれませんが、PCで読めると面白いかもしれませんね。
表示機器でELバックライトって上手くいかなかった様ですね。

投稿: クマ | 2010年2月18日 (木) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DVDレコーダー修理:

« フィギュアで銀かな? | トップページ | 携帯電話に使われて、、、、 »