« 政権交代してから | トップページ | 健康のために、、、、 »

2010年2月 9日 (火)

報道、怖い

 プリウスのブレーキネタ。
 ニュースを聞いた時から思ったのは、ABS制御だろうね!って同僚と話しをしていたのだけど、やっぱりそうだ。
 そもそも報道では、悪路、滑りやすい路面で、そういう話があったということで、第一に思ったのがABS制御が原因だろうってこと。それをハイブリッドと関連付ける報道も如何?って思うのだが、こういう現象は下り坂で道路を横断するような金属の蓋とかスレートを通過する際に、ABS装備のクルマなら遭遇する現象だ。
 実際、エリオでも似たような症状は発するけど、これはシステム上の仕様だと理解している。慣性が強く働き、路面の摩擦係数が著しく変化する状況では不可避なものだと考えている。実際、冬場のアイスバーン、ブラックバーンなら有り得る話。

 しかし、マスコミの報道の仕方をみると、、、、、客商売で強く言えないメーカーの立場を知ってか知らずかしらないが、、、、大袈裟な話に展開している。流れ的にはリコールせざるを得ない状況に進んでいるようだが、世論誘導でリコールという結果に当て嵌めようとするような流れだ。
 最終的に、メーカーはリコールとして対応するようだけど、エンジニアは多分泣いているんでは無いだろうか?

 正直、チョット怖い話である。

 朝青龍関の引退も然りだ。何よりも引退、解雇ありきで誘導しているように見える。事実関係が明らかになって、その上での社会における処遇が決まってからでも判断は遅くなかったように思う。

 民主党小沢幹事長関連も然り。事件の表面化が昨年の三月。その後、異例の長期に渡る捜査の区切りが先日ついた訳だが、その間の報道は、報道自体が結果を誘導するように感じるところ。捜査の進展を見守って、事実関係が明らかになって、法的処分がどうなるか?の後に、判断を下せば良いように思う。

 いずれのネタにしても、報道の方向性が、視聴者の関心を集める事が第一で、その方向性の仕立て方としては、明確な根拠が無いのに、その分野の人間と言う事で、各方面の専門家の意見を編集して流したり、ごく一部の意見を多数の意見の如く編集し、それが結果を証明しているかのような構成で報道するっていうのは、報道自体が判例、判決、世論に多大なる影響を行使しているように感じる。

 公正と認定される結果が出る前に、結果を第三者が誘導するというのは、非常に恐ろしい事だ。
 そういえば、最近のニュースはワイドショー的であり、事実を伝えるというよりも、その事実に対する意見(つまり評論)をメインに伝えている。これ自体が、結果誘導のように感じるのだけど、純粋に、何がどうなった、何がどうした、、、そういう事だけで良いのでは無いだろうか?
 取材で報道っていうのは、事実の信憑性を確認するということ。裏の取れた事実を伝える事であり、感想的な意見を何でもかんでもを取材結果として報道するのは間違いだろう。
 報道では、誤った報道が在れば一言で済ませているけど、そういう態度を見ると、報道の自由という言葉を剰りにも極端に行使しているように見える。

|

« 政権交代してから | トップページ | 健康のために、、、、 »

コメント

朝青龍も気の毒ですね、、、、少なくとも最後の暴行ネタの真相がどうか?が明らかになっていませんが、その前の段階で処分を決める流れを作ったのは報道ですし、クロを前提に直接関係無い過去の批判を重ねて報道するのは反則だと思います。
プリウスの件も踏み直し云々という話もありますが、確かにABSの制御の理屈から、そういう表現も有効ですが、実際には、そういう必要も無しに制動力は復帰します。但し、ABSの宿命から路面μが低いと空走感を生む事は他の車でもある事です。仮にコレがリコールなら、他の車も該当するというのがホントのところですが、、、
何よりも、組織行動に影響力を与える世論を誘導するような報道は無しとすべきでしょう。

投稿: 壱源 | 2010年2月 9日 (火) 07時57分

悪い人ではないのでしょうが、相撲が神様に恥ずかしくない神事である事が上手く伝わらなかったのではないかと思いました。その教育できなかった責任にはあまり触れていませんね。彼はモンゴルでの若い人たちが住まいを持てるように援助する仕組みを作っていた事(モンゴルの声・日本語放送より)も報道して欲しかったです。(モンゴルは日本語放送を0時と18時に短波放送しています。)
プリウスの事も自分で確かめた訳ではないので、話だけ聞くと大変な事に感じてしまいましたが、本当かなという疑問が付いて廻りました。すべりを感じたら踏んでいるブレーキを一旦緩めてまた踏みなおすなんて訓練していなければ自分には出来ません。やはり機械制御の方が滑り出したら短い距離で止まれると思います。報道だけ聞くと勉強と取材不足を感じてしまいますね。

投稿: クマ | 2010年2月 9日 (火) 03時40分

 こんばんは、コメント有難うございます。
 報道の自由という言葉で全てを正当化する論理の裏の行動の目的が、発行部数、売上、視聴率というのが、歪んだ報道の実態を作り上げているようにも思います。
 あふれるニュースから報道する側の感想や意見に意識が引っ張られないように注意して報道に接するようにしていますが、このような報道がまかり通るのは、それで実際の視聴率は売上が変動するということの証明であり、それで扇動される民衆心理があるということで、少々残念に思います。
 真理、事実のみを冷静に見る事が出来る人ばかりなら違うのかもしれませんが、これが日本人なんでしょう。

 昨今の自転車ブームを始めとしたブームの盛り上がりやすさ、冷めやすさにも通ずる感じですね。

投稿: 壱源 | 2010年2月 9日 (火) 01時10分

本当にその通りですね。マスコミ恐ろしいや、、、というよりも、”エリート?”官僚のダメさ加減と同じで””大手”のマスコミほど編集者や記者のダメさ加減がこの頃目に余りますね。結論ありき、怪しい結果への誘導、、など酷すぎます。「正直に書いていたら売り上げに響くから、、」という言い訳が聞こえてきそうですけど、もうそこで論理が破綻してますよね。

投稿: 通りすがり | 2010年2月 9日 (火) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報道、怖い:

« 政権交代してから | トップページ | 健康のために、、、、 »