« 20インチ451仕様 | トップページ | メダルの色とか、点数とか »

2010年2月27日 (土)

浅田選手、最高の競技だったな

 注目の女子フィギュアスケートが終わった。注目の浅田真央選手、キム・ヨナ選手の演技ではキム・ヨナ選手が最高の演技で金メダルを獲得した。

 リアルタイムでは仕事中だから見られなかったけど、キム・ヨナ選手の演技は完成度が高く、非の打ち所のない素晴らしい演技。素人目に見ても、凄いの一言だ。スムーズ、スマート、パーフェクト!それに、大きなプレッシャーが在っただろうが、ミス一つ無い完璧な演技を見ると驚愕ものである。正にゴールドメダリストだ。

 浅田真央選手の競技も素晴らしい。キム・ヨナ選手の競技を上回る迫力、パワフルさ、常人離れ度が伝わってきた。画面から受ける迫力という点では、男子のプルシェンコ選手に通ずるモノを感じた。競技力で言えば、このオリンピックでは、ショーン・ホワイト選手と一二を競うモノのように感じた。世界一の競技者だと思う。

 技術を競うのがオリンピック、そこでは難易度、完成度を競うものであり、優劣は付ける事は出来ないが、競技の個性という面ではアスリートとしての旗を掲げてのアピールの度合い、鮮烈な印象の度合いは、浅田選手に勝る選手は居なかったように思う。

 それは、実際のプログラムに限らず、その間の練習においても、選手の拘りであるトリプルアクセルが完全にモノに出来ている事を鮮烈に見せつけた点であり、トリプルアクセルといえば浅田選手の代名詞に完全になったのでは?と感じる。

 銀メダルに対する声は様々だけど、メダルの色よりも、技がアスリートの代名詞として昇華したという事の方が個人的には偉大と感じるものである。

 それは、研究者や企業においても、実際に儲かったという話や、名声を得たという話よりも、実際に○○ならば誰に聞け!という方がカッコイイと思う自分の考えによるものだが、この技は、誰の技!って言えるモノを生み出す事の偉大さを感じるのである。

 競技後のコメントでは、『演技はまだまだ、、、、』という話を聞いた。恐らく、競技力だけでなく演技力もモノにするぞ!って意志の現れだろう。抜群の競技力をモノにした浅田選手が、同じ努力やプロセスで演技力も身に付けて演技の完成度も高めるのだろう?そう思うと、これからの浅田選手の競技を見る事が非常に大きな楽しみとなる。今回のオリンピックは第一歩であり、採点系種目で高い完成度を身に付けるであろう未来が、今からワクワクである。

|

« 20インチ451仕様 | トップページ | メダルの色とか、点数とか »

コメント

そうですね。
次に、どういう方向に進んでいくのか?凄く興味があります。
進化の先を期待したいと思います。

投稿: 壱源 | 2010年3月 1日 (月) 10時18分

よく頑張ったと思いました。
すごいのは次を目指している事ですね。

投稿: クマ | 2010年3月 1日 (月) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅田選手、最高の競技だったな:

« 20インチ451仕様 | トップページ | メダルの色とか、点数とか »