« ジャストフィット | トップページ | 国産車、私的最良は? »

2010年2月15日 (月)

体裁は見破れる

 先日、指導しながら思った事。常に言っているのは、体裁を整える事を最優先するなと言う事。

 仕事で質問を受ける事がある。それは、原因を超越して結果のみを持ってきて、YES/NoとかOK/NGを聞いてくる。勿論、質問に対する回答は、YES/NO、OK/NGとなるのだが、、、、

 その際に聞いた事、、、、それは日常で判らない事に遭遇した時、その判らない事に、どう向き合っている?って質問だ。答えが出ない時、他人にYES/NOを聞くのは良い。しかし、答えを聞く時とか、それ以外の時間に何考えているの?って質問である。

 すると、回答は、、、、それとは別の趣味の事等を考えていて、業務上に判らなかった事は、対処の回答を得たら終了っぽい様子、、、、しかし、回答的には自分なりに考えています!とキッパリ、、、、

 キッパリ言われると聞いてみたくなるのが人情、、、、、

 それで、つい最近、ポンプが故障した。故障しているかどうかの判断を見ていると、水を吸わない!と不調を訴える。その時、ポンプに水を吸わせようとする行為を見ると、壊れていないポンプでも水は吸わないだろう、、、、って方法。

 そこで、ポンプで水を吸わせるために必要なのは何?ポンプの吸い込みは何に支配される?って質問を与えたのだが、その後、機械を私が修理した後に、上述の話の流れで、何時もYES/NOばかり聞いているけど、途中遭遇した疑問はどうしてる?って聞いた時の回答が、自分なりに考えていると、キッパリ、、、、

 そこで、考えた結果を質問しようと、『ポンプの吸い込みは何に支配される?吸い込みっていうのは、吸い込み揚程の事。揚程?揚程っていうと圧力の表現方法だけど、、、、』って会話した時の回答が、『水銀柱が760mmHg、、、、比重がどうのこうの、、、』聞いていて、それって会話の中で圧力とか大気圧って言葉を聞いたから、大気圧での水銀柱の高さが760mmとなる話だろ?って回答だったんだが、それ聞いて思ったのは、自分なりに判らなくなった時に考えていないだろ、、、、って思い。

 回答の内容から言うと、会話の瞬間に適当に答えただけで、疑問を与えられた時に彼なりには答えていないだろう!という思い。
 未だ、考えてなかった、、、、と、素直に答える方が遙かにマシだと思ったのだけど、そういう取り繕いとか、体裁整えとか、そういうのが一番嫌な気分になる。

 大抵、塾で生徒と会話したりすると、嘘とか言い訳は一発でわかる。同じように、日常会話でも嘘とか言い訳は判ってしまう。言い訳する方は必死で判らないようにしているつもりなんだろうけど、聞く方は、そのネタや状況の上位から見ているので、その対応の信憑性なんて軽く見破る事が出来る。そういうものなのである。

 判らないなら判らない。考えても判らない。考え方が判らないなら、考え方のステップを調べて身に付けるような気概が欲しい。
 判らないのは仕方ない。判らない事を考えても意味はない。判らない事は判る人に任せて、結果だけ知ればよい、、、、、、そういう考え方は、絶対的に受け付けない。

|

« ジャストフィット | トップページ | 国産車、私的最良は? »

コメント

そうですね。結果は正直、意味は在りません。結果に如何に辿り着いたか?結果を得るに、どんなプロセスを経たか?これに尽きます。
公式暗記主義、模範解答の丸移し主義、カンニング、、、、そういうのは、理解のためでなく、結果(点数)のための行為で、後の人生には全く役に立たないと思います。

でも、こういう奴、多いんですよね、、、、。

投稿: 壱源 | 2010年2月16日 (火) 23時55分

考えの過程(プロセス)って大事ですね。
結果が間違っていても、過程は活きてくる事がありますね。

投稿: クマ | 2010年2月16日 (火) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体裁は見破れる:

« ジャストフィット | トップページ | 国産車、私的最良は? »