« ポジション考 | トップページ | モデル化 »

2010年2月 7日 (日)

同じ場所、同じ曜日、同じ時刻

 同じ場所で走り初めてどの位になるだろうか?ラングスターが2007年モデルだから、今で2年半くらいだろうか?
 社会人故に、曜日も、時間帯も、全て一定。同じ服装、同じ自転車で走っている。

 すると、、、、信号待ち等で会話をすると、何だか自分の走っているのを知っているような方が多い。話掛けてくる方は、基本的に、『何時も走られていますよね?トライアスリート?』って99%聞かれる。興味深いモノだ。

 何度も繰り返し遭遇する方が居て、自分の頭に残っている人も居れば、自分の意識には残っていないけど、自分の事を記憶している人も居る。まぁ、誰でも同じ状況だとは思うけど、同じように過ごしていると、誰かが、何処かで見ていて、記憶されている訳だ。
 そう言えば、レプリカブームの時に峠やサーキットに通っていたら、それで名前は知らないけど、覚えられて、、、、そういう経験があるけど、今も同じだ。

 面白いっちゃぁ、面白いけど、或る意味、恐いモノだ。する気は無いけど、悪い事は出来ない。同じ記憶に残るなら、良い印象で残りたいモノだ。
 人の記憶に残るって言うのは、印象の強さ次第である。格好悪いとか、高そうな自転車とか、変な格好とか、或いは、挑発的だとか、感じ悪いとか、速いとか、遅いとか、、、、多分、どれかの理由だろう。スポーツサイクルに乗って、比較的、高負荷で乗っているので、自分としては、遅いとか、格好悪いというよりも、速いとか、ハイパフォーマンスって方で印象に残りたいモノだが、どう思うかは、思う人次第。

 取り敢えず、マナー悪いとか、感じ悪いといった風に思われて、怪訝な視線を浴びるのだけは嫌だな。今は、話しかけられる。笑顔が基本。付かせて下さいとか、ということで、好意的には思われている割合の方が多そうだ。

|

« ポジション考 | トップページ | モデル化 »

コメント

そうですね!
普通に生活していたらリズムがありますからね。
でも、印象に残るかどうかは、周りとは違うからな訳で、意識に残るとすれば、好印象、悪印象のどちらかでしょう。
悪印象は与えたくないというのがホンネです。

投稿: 壱源 | 2010年2月 7日 (日) 13時07分

特に理由は無いけれど、自転車で走っていて同じ(と思われる人)と何度も会うのはいやですね。(スポーツ自転車はほとんど見ません。)
こちらはわからないけど、家の窓から「またあの人が来た」なんて思われるのもいまいちいやなので、走る時間やコースを変えたいのですが、そうもいかない現状です。

投稿: yama | 2010年2月 7日 (日) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同じ場所、同じ曜日、同じ時刻:

« ポジション考 | トップページ | モデル化 »