« ポジション変更 | トップページ | As you like! »

2010年2月14日 (日)

抜く時は気苦労するなぁ

 土曜日はホームコース二周回+ヒルクライムだ。ホームコース一周目は、ポジション変更後の位置決め目的で踏むというよりも違和感の洗い出しメインでの走行。速度的には35km/h程度での走行だ。そんな訳で人とは遭遇しなかった。

 しかし、一周目の復路からはポジションが一応決まったんで徐々に通常のペースに併せて走行した。復路の途中からは40km/h近辺、二周目もその位で走行。

 走る速度を5km/h程度増やすだけで、数多くの自転車に遭遇する。遠くに見えてもアッという間に追い付いてしまう。
 最初に追い付いたのは一周目の復路で離合したオレンジ色のクロモリロード。挨拶すると笑顔で応対してくれて気持ちよくアイコンタクト出来た。暫く走ると、今度はTREKのお兄さん。ペースは似ているか?と思いながら走っていたけど、少し違うので声掛けすると、気持ちよく譲ってくれて謝意を示して走行した。その後、GIOSの兄さん、GIANTの兄さん迄は問題なくスルー出来て、此処までは良かった。

 折り返し地点でサドル位置を調整している時に、先週遭遇して好印象を抱かなかったORBEAのオレンジ色のエウスカルテル仕様のサイクリストとすれ違ったので、まぁ、軽く会釈したのだけど無視食らって行っちゃった。まぁ、気にも留めず、サドル調整して、トレーナーを脱いで、コーヒー飲んでスタート。4km程南下した信号で、エウスカルテルのORBEAに追い付いてしまった。場所は安佐大橋だ。ここからは2km程信号無しの土手車道で安芸大橋に向かうセッション。信号が青になって普通にスタートしたのだけど、このエウスカルテルが先行。先行では結構な高ケイデンスでダッシュ!される。フロントインナー、リアは19Tくらいか?速度を上げる事にリアを15T程度迄、、、、コンディションは向かい風、速度は30km/hチョイ、、、、さて、どうしよう、速度は、、、、変わらない、、、、ということで、後ろに付いていても仕方ないので『抜きます!』コールで笑顔で抜きに掛かったのだけど、表情には敵意がアリアリ、、、、そう言えば、先週遭遇した時も同じ表情だったな、、、向かい風で憑かれるのも面倒くさいので、一気に40km/h以上に引き上げて暫く持続してクリア。
 ペースを保って居ると前方にロードだ。近付いて来たと言う事は、ペースが違うので躊躇することなくスルー。勿論、車道で抜くので驚かせては危ないので声掛けしてみると、やっぱり無愛想、、、、、この人はDEROSAに乗った中年。

 ヨーロッパブランドのバイクは格好いいけど、アメリカンブランドよりも無愛想率が高い。新興ブランドも挑発的だけど、少なくとも会話というか、アイコンタクトで敵意を感じる事は少ない。まぁ、新興ブランドのサイクリスト年齢が若干若く、欧州ブランドは若干オッサン入っている事が多いような気もするし、それが違いを生んでいるのかな?とも思うけど、、、

 それにしても、定番のコースを走っていると、誰とも会わない日は無い。抜く時は何時も気疲れする。絡まれないか?その辺が面倒くさい。過去一番の面倒くさいオバケは白いIntermaxに乗った兄さんだけど、憑かれたりすると面倒くさい。何故抜くと無気になるのか理解出来ない。
 中には、引いて下さい!とか、付いてイイですか?とか、何時も走られていますよね?とか話しかけられたりして、好意的なコミュニケーションが生まれたりという場合もあるし、最初は挑発的に仕掛けられても、後の信号待ちで好意的に話しかけられたりする場合もあり、最終的に笑顔でコンタクト出来れば良いけど、何度在っても、エラク挑発的、挑戦的、敵意剥き出しでやってくる人も居る。こういうのに会うと気疲れする。それ故に、抜く時は、後々面倒くさい、嫌な思いはしないだろうか?と言う事を最初に考えてしまう。

|

« ポジション変更 | トップページ | As you like! »

コメント

 そうですね、如何に挑発的にしないか?が大事です。
 ですから、笑顔と挨拶を欠かさないようにするのですがね、、、、ただ、一本道故に、我慢出来ないペースに付き合うつもりも無いですね。

 車の運転でも急ぎたい人は先に行かせる。急ぎたい時は先に行く。それが自然ですね。

 最近は大きなスクーターで車高落としてマフラー変えて音楽掛けてクリアテールの若者が居ますが、あの辺りの運転は、正直邪魔です。邪魔故にサッと抜きますが、下手すると、無用なトラブルになりかねないな!とも思います。

 思うに、みんな野菜不足ですね。

投稿: 壱源 | 2010年2月15日 (月) 23時27分

抜かれて怒る(ように見える)こと自体おかしいので、そんなひとに配慮する必要は無いでしょう。

ただ世の中理解不能なひともいますから、少しでも挑発的と思われることはしないほうが安全かもしれません。

車を運転しててクラクションを鳴らしたいのは山々だけど、スピードを落とすだけ、みたいなことはよくあります。

投稿: yama | 2010年2月15日 (月) 21時50分

コメント有り難うございます。
こうやって画面を見て考えると冷静になれる人は多いですよね。
でも、リアルな世界での表情というか、目線の交換では感情も伝わります。そういう場面で衝動の結果が、所謂、喧嘩とか、そう言うモノなんだと思います。

そういう理解はしており、抜くという場面では後から見ている訳ですから、そこで如何にすべきか?を考える間が得られる訳です。それ故に、激情的な事は起こりませんが、それでも腹の虫の居所次第では、、、、色々ありますね。

自身で大人げないなぁ、、と反省すべきは、抜いた直後に反応されて直後に付けられた時、落ち着いている時は、後にお先にどうぞ!って言えるのですが、場合によっては、更に一踏みで千切りに入る事もある訳です。その意味は、或る意味、挑発に乗っているとも言える訳です。

ただ、この辺の応対は、その場面にならないと判らないというのが反省すべき点なのかな?と思います。

投稿: 壱源 | 2010年2月15日 (月) 12時36分

周囲の人たちから影響を受けるのが、人間の一側面。じゃあどうするのか、どうして行くのか工夫、努力していく姿が美しいと思っています。青くなんか無いと思います。自覚できて自分と周囲の人のことで悩める事が素晴らしいと思っています。

投稿: クマ | 2010年2月15日 (月) 12時09分

名言ですね!周囲に吸い取られる、、、、でも、周囲で機嫌が変わるというのは、自分自身も境地に達していないというか、マダマダ青いんだと思いました。

投稿: 壱源 | 2010年2月14日 (日) 23時51分

マナーの良い走り、体力と気持ちに余裕がないと出来無い様に思います。余裕が有っても周囲の余裕の無い人からエネルギーを吸い取られると疲れますね。

投稿: クマ | 2010年2月14日 (日) 23時19分

>yamaさん
自転車の場合、何故か、マニア的に誇りに思っている機材やテクニック、知識がパフォーマンスに大きな差を生むという錯覚があります。それ故に、高級車にのったり、装備を決めた人は、御指摘の通りに『こんなはずでは?』って思うんだと思います。
抜く時の表情には、最初が、驚きの表情、次が敵意ってのは見れば判りますから、正にそうだと思います。

>小径ネタさん
自転車は基本的に何でも一緒だと思います。少なくとも日常使用では100km走行なんて無い訳ですから、小径車でも、折り畳みでも大丈夫です。
ボードウォーク等DAHONも結構走りますね!DAHONの場合、前傾ステムでリーチ自体は相当に長いですから、アヘッドステム等を用いると相当にハンドルが遠くなります。その分、サドルを前方にセットバックする必要があります。
ドロップ化するならアヘッドステムは使わない方が良いかも知れません。
ギア比ですが、406HEサイズなら自分の場合、向かい風、上り坂以外では52×14Tで十分です。追い風でも12Tを使う事は稀ですが、このギア比で30~35km/h走行しています。
個人的には実用装備フル装備のスピード改に一番乗っていますが、これでも条件さえ揃えば55km/hくらいは楽勝で出ます。

投稿: 壱源 | 2010年2月14日 (日) 17時33分

以前小径車のスピードについてお尋ねした者です。小遣いの関係で今のダホンボードウォークを何とかしていかないと駄目な私にとってとても参考になる回答をありがとうございました。いつ見てもすごいスピードですねえ。私はダホンで30キロ巡航が目標なのですが、とてもとても・・・(通勤以外トレーニングしないので当然ですが)それでもドロップ化したり、ちょっとずつパーツを変えたり、楽しんでいます。今後も一方的に参考にさせていただきますので、面白い記事を楽しみにしています。

投稿: | 2010年2月14日 (日) 17時18分

私はスポーツタイプの自転車と遭遇することはめったに無い(同方向は1度のみ)のでネットなどからの推測ですが、自転車ほど実力と自己評価が隔たっているスポーツは無いのでは?

1匹狼でやってるひとは比較する数値が無いから、なんか自分はかなりすごいんじゃないかな?みたいな

そういうひとが自分よりずっと速い人と遭遇すると、「こんなはずでは?」みたいな精神的混乱が起きる。

なんて妄想です、すみません。

投稿: yama | 2010年2月14日 (日) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 抜く時は気苦労するなぁ:

« ポジション変更 | トップページ | As you like! »