« 景気 | トップページ | 体脂肪率 »

2010年2月 2日 (火)

減税とか、補助金とか

 今年、車を買おうかな?って考えている。勿論、買わないかも知れない。

 ところで、自動車業界では、表題の如く、減税とか補助金の制度が販売の追い風になっている様だ。CMでも殆どが減税、補助金でお得さをアピールしているし、賢い消費者になる事では、このような制度を積極的に利用する旨の意見を頻繁に耳にする。

 でも、個人的には、減税とか補助金とか、、、そういうのはどうでも良いというか、全く感心が無い。敢えて言えば、自分の眼で選んだモノが、そういう対象に当て嵌まればラッキーという程度であり、選ぶ基準に、減税とか補助金で金額のお得度は入っていない。

 そういえば、正月セールで福袋を買う事もまず無い。そもそも予算を決めて予算の範囲で消費する場合、金額は二の次の事が多い。

 金を沢山持っているとか、持っていないとか、そういうのは関係無しに、欲しいモノの金額を見て納得出来れば買うし、そうでなければ、見送るだけ。そして、その物欲の度合に応じて予算のリミットが緩くなるだけ。何円得だから買う!って行為はまず無い。得した、損したの満足度を、出費の金額で判断する事よりも、欲しいモノが手に入ったかどうかで判断する事の方が多い。

 つまり、クルマを買う時も、自分の目的や用途が最重要であり、減税や補助金が適用の範囲から選ぶというのは有り得ない。
 但し、積極的に選ぶ理由に差違が無い時に、最後の選択でメリットが大きい方を選ぶ条件になりうるのは言うまでもない。

 今度車を買う時は、やっぱり10年スパンで乗るつもり。すると、道具としての使い勝手、頑丈さ、ランニングコストを重視したい。そう考えると、補助金や減税っていうのは、最後の選択の判断には効くけど、やっぱり大した要素では無い。

|

« 景気 | トップページ | 体脂肪率 »

コメント

EVっていうと、個人的には電動RCカーを思い出します。
これは、アンプの特性調整、モーターのターン数での出力選定と結構遊べます。
案外、電動自動車、バイクの世界でも、独特な面白さがあるかもしれません。
駆動系については電動カーもエンジンカーも差異は無かったですが、アンプで出力特性が変わるというのは結構嵌りました。

投稿: 壱源 | 2010年2月 2日 (火) 11時30分

規制が掛かったら、EV化を考えています。MTのEV、ダイハツやスバルで15年位前売られていました。それと同じ様に。能率は落ちますが、DCモーター+サイリスタ制御。ディープサイクル鉛バッテリーを使って、高性能充電池が買えるまで待とうかと思いました。
二輪EVだったらバキューム系補器が要らなそうなので、エンジンの部分に電池とバッテリーが乗りそうですね。タコメーターが電流計に代わって過電流監視ですね。

投稿: クマ | 2010年2月 2日 (火) 10時28分

補助金!っていうのは、確かに動機の切っ掛けにはなりますが、やっぱり決めてにはなりませんね!

そういえば、我が家の2ストバイクも規制にびくついています。

投稿: 壱源 | 2010年2月 2日 (火) 09時24分

補助金の事で、“13年以上乗った車を廃車にすると補助金が出る”話が新聞に載っていました。連れの目が輝き、是非ジムニーを廃車にしてエコカーにしようと。残念ながら欲しい車が見当たりません。MTは免許の無いヒトしか居ないので、反対されました。部品がなくなるまで乗ってやるぞ。(その前に法的に規制されたりして)

投稿: クマ | 2010年2月 2日 (火) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 減税とか、補助金とか:

« 景気 | トップページ | 体脂肪率 »