« 今更感心されても、、、数年前にも言っただろ? | トップページ | 地デジがBSデジタルで »

2010年3月 4日 (木)

国産車が好きだ

 外国産ブランドの自転車を見ると、自分に合いそうなのは殆どXSサイズばかりだ。自分の体型は?っていうと、身長171cm、股下78cmだから平均的な日本人体型である。体重は68kgと重めだけど、体脂肪率11%以下、骨格筋率36%以上から言うと、肥満ではない。四肢の長さもコテコテの日本人だ。

 そんなコテコテ体型で選ぼうとすると、自分流なら殆どがXSサイズとなる。Sサイズは微妙に大きい。特に最近のアヘッドタイプのバイクはステムが長い。ステムの長さで調整も可能ではあるが、ステムの長さを過度に変化させるのは、チョット嫌なのだ。仮に換えるなら、フォークオフセットも見直したいくらいなのだ。
 フレーム云々ではトップ長を重視する考え方があるけど、ステム長を大きく変化させないという縛りを入れると、大事なのはハンドルクランプ迄のリーチ長が相当する。そして、外国産の品は、ステム長は概ね90mm以上の場合が多い。

 因みに、XSサイズ、Sサイズの場合、多いトップ長は各々510~520mm、530~540mmという案配。リーチはどうか?っていうと、ステム長としてXSサイズで+80mm、Sサイズで+100mmを加えると、各々590~600mm、630~640mmってなっている。因みに、シート角はどうか?っていうと、XSサイズで75.5~74.5°、Sサイズで74~73°って案配だ。

 傾向的にサイズが大きくなる程、リーチが伸びて、シート角が寝る傾向にある。ジオメトリーに何を選ぶか?は、乗り方次第だけど、自分の場合、基本となる数値はリーチで600~620mm、シート角で74~75°辺りから選ぶ。
 但し、用途によっては手前を握る事が多かったり、アップライトな姿勢を基本として考える場合(常用位置がハンドルクランプ部に在る場合等)に限り、その度合に応じてリーチは630~640mm程度の値迄変化させている。我が家でいうなら、西DAHONで620mm、スピママ号で630mm、ルイガノMVFでも620mmという感じだ。
 落差の大きいポジションが前提のモノの場合、例えばピストとか、タイムアタック用ロードの場合は、その度合、つまり投入する身体の部位の使い方に応じて590~595mm迄短くなっている。

 そういう現状から見ると、最近の多くのバイクは選べてもXS~Sサイズかな?って印象。まぁ、Mサイズで選んでセットバックを動かしても乗れない事は無いけど、セットバックを換えすぎるのは別の問題が出てくるので好きではない。勿論、メーカーによって同じ表記でも内容が違うから一概に言えないけど、多くの場合で選び辛いというのが正直な印象。
 ただ、ここで言うトップ長とかシート角云々は身長が同じだったら同じか?というと、それも違うので、自分の身体に応じて自分の決める事の出来る数値を出す方法を自分で持たないとダメだ。身長が違えばどうか?はそういう自分を想定していないから、その数値がどう?っていうのは即答出来ない。

 そんな具合だけど、取り敢えず、自分が何か買おう!という意思で、思うジオメトリーを国産車で探すと、自分の欲しいサイズは最小サイズでなく、ラインナップの真ん中辺に位置している。外国産の場合は、最小サイズの中で使えそうなモノを選ぶという形になる。

 という訳で、何となく選択の自由度が広い国産車が好みである。っていうか、格好いい輸入ブランドも良いけど、なかなかズバリと選べるモノが案外少ないのが悲しい。
 こういうのを見ると、何処をターゲットに形が決まっているか?っていうのが、何となく判るのだけど、国産車は日本人向けに作っているな!っていうのを、改めて認識出来る訳だ。

|

« 今更感心されても、、、数年前にも言っただろ? | トップページ | 地デジがBSデジタルで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国産車が好きだ:

« 今更感心されても、、、数年前にも言っただろ? | トップページ | 地デジがBSデジタルで »