« 肩の張り | トップページ | 子羊くんとコウモリくん »

2010年4月 5日 (月)

折り畳み自転車で目一杯

 中央森林公園に出掛けました。参加台数は多すぎて数え切れませんでしたが、走り始めると基本は一人です。

 使用した自転車は定番のオ・モイヨWW号です。仕様は以前と変更無しです。前回は路面がウエットコンディションで20分30秒でしたが、あれから体組成の改善とコンディションが良好ということで、狙いは19分台です。

 結果から言うと、路面コンディションの良さがタイムの短縮に繋がったようです。下りの勾配では目一杯踏んでコース一杯に使う走り方で55km/h近辺迄加速し惰性で上りを途中まで引っ張るような走り方です。下りでの速度低下を如何に少なくするかということで、まるで単車のような攻め方を取り入れてみました。

 小径車では目線が低く、単車と似たような感じになるのですが、絶対的に速度が低く、バンクしませんので非常に平和ですが、前回のウエットコンディションでの走行に較べると安心感が全く違います。前回と今回の最大の違いはワインディング区間の下りの速度差です。
 上りについては、あまり変化在りません。展望台の坂の登坂速度は20~25km/hで、これが一番落ちた数値です。因みに、登坂でのギアは34T×19Tですので2.9mです。その手前の坂は34T×17T、34T×16Tで対応しました。今回のアタックでは、誘導灯の下からフロントインナーをメインで使いました。

 それで一回きりのアタックでは目標を11秒上回りましたが、実は余力的には更にありました。まぁ、コンディションの良さが印象的で、同行されたフルサイズのロードの方も以前より1~2分程度速かったです。

 取り敢えず、中央森林公園で走ってみるというテーマで当初掲げていた目標はクリアしたので、ステージは次に移したいと思います。次は折り畳み自転車で100kmを如何に短時間で走るか?一日でどれだけ長距離を走る事が出来るか?が関心があります。過去の100km最短時間は2時間51分です。平坦路をラングスターTTで周回して得たタイムですが、更に縮めてみたいものですし、一日の走行距離も過去最高のスポルティーフを使って走った420kmを越えてみたいように思います。

 因みに、今日は始めてファミリーコースも走ってみました。近々、家族を連れてくる際のコース確認ですが、結構イイ感じです。

|

« 肩の張り | トップページ | 子羊くんとコウモリくん »

コメント

 私はフルサイズの自転車も嫌いじゃないですが、小径車が好きです。目を三角にすれば有り得ない選択かもしれませんが、素人の乗る分には別に問題ないと考えています。

投稿: 壱源 | 2010年4月 6日 (火) 00時07分

 タイヤが小さい自転車でも体にあわせた大きさと適切なギア比で、結構な距離を走れる物なんですね。これから自転車が楽しい季節、往復80キロをストライダで行ってみる気に成りました。多摩川河口、羽田空港近くまで。

投稿: クマ | 2010年4月 5日 (月) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 折り畳み自転車で目一杯:

« 肩の張り | トップページ | 子羊くんとコウモリくん »