« 嫁チャリのカスタマイズ | トップページ | お婆ちゃんのパワーリフティング »

2010年4月 2日 (金)

プロムナード的だな

 先日、シルクR2-4ロードをベースとした緩いスポルティーフを作った。
 しかし、出来上がりを見ても、作ろうとした経緯を振り返っても、これはスポルティーフでは無いという思いが強いのである。

 これは何か?っていうと、、、、、ハンドルこそドロップハンドルだけど、プロムナードである。プロムナードっていうのは短距離散歩用自転車、ポタ車である。

 フレームベース、タイヤの細さ、ギア比をみると、ロード系?とも見えるけど、走り味の軽さは速度のためでなく、楽して疲労せず走るという目的のためなのだ。軽快さは、楽するためのものなのである。デザインも今一度振り返ってみると、、、、、錨打ちサドル、革巻きバーテープ、前後キャリアにアルミフェンダーにプロムナードペダル、、、、これにプロムナードバーを付けたらモロだが、ドロップハンドルでもスポルティーフには見えない。これはやっぱりプロムナードだ。

 スポルティーフっていうのは、基本はロードで高速走行前提のモデル。今回作ったのは低速ポタリング前提のバイク。構成こそ同じでも意味合いは全く違うのだ。

 プロムナードのシルクR2-4、スポルティーフの小林号、ステンレスロード、BSのトライアスロンバイク、それに固定シングルTT風、シルクピストR1と、全車違う、、、、良いじゃないか!

 沢山の用途に併せて、自転車が増える、、、、良い事かどうか知らないけど、、、、今、足らないモノ。それは、自分の自由時間と身体の数。これが圧倒的に不足気味だ。仕事、育児、運動、、、、それで一日が終わる。休日は?っていうと、やはり仕事、運動、家族でお出かけ、育児でおわる。

 本来、ワインディングロードを単車で駆け抜けるため!だった筈だけど、その目的のための準備というか、そういう部分でタイムオーバー、、、、仕事を辞めれば良いのだけど、そうすると、資金不足になる。最少拘束で最大利益となると、、、なかなか難しい。

|

« 嫁チャリのカスタマイズ | トップページ | お婆ちゃんのパワーリフティング »

コメント

人生は長いです。年金受給開始年齢と定年退職年齢は必ずしも同じでは無いですよね。年金受給資格取得勤続年数が25年、この25年というのが人生の一つの節目かな?と思います。そこから定年年齢迄が二つ目の節目、そして年金受給開始迄が三つ目の節目、そんな風に考えています。

節目的には、何も判らず働く第一期、自分でやりたい方向に進む第二期、老後に備える第三期、、、、自分はそう理解しています。最終的には自分の世界で生きる訳ですから、それが適うように少しずつ整えるのが大事ですね。

投稿: 壱源 | 2010年4月 3日 (土) 00時21分

 やりたい事、やるべきことが一杯有るのはいい事ではないでしょうか。世の中が嫌に成る事も有りますが、それにも増して楽しい事が溢れているわけですから。
 定年、最初は平均寿命に設定されていた様ですが、今は違いますね。年金が出るまでは違った仕事をする方も多いようですね。

投稿: クマ | 2010年4月 2日 (金) 19時11分

 定年、、、イイ響きですね。悠々自適に過ごしたいです。
 大した額では無いですが、年金+自営的自由業+蓄えで贅沢では無くとも好きに生きる生活で自分のやりたい事にまみれて生活するのが夢ですね。

投稿: 壱源 | 2010年4月 2日 (金) 08時58分

時間が無くて趣味をやる時間が無いのは困りますが、休みにやることが無い、定年後家でゴロゴロして邪魔者扱いされる仕事(のみ)人間よりずっとマシだと思います。

投稿: yama | 2010年4月 2日 (金) 06時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロムナード的だな:

« 嫁チャリのカスタマイズ | トップページ | お婆ちゃんのパワーリフティング »