« 旬でダイエット♪ | トップページ | 犬の散歩、、、、 »

2010年5月 4日 (火)

単車でダイエット♪

 春、新緑、路面温度は高い♪

 ならば、ワインディングを攻めてみよう!春は単車の季節だ。単車乗りに対して、サイクリストはデブとかオタクとか言ってる人が少なくないけど、単車で峠を走り続けるのは結構な運動である。半日程峠を走り回ると結構な運動量だ。有酸素運動で連続的な運動とは異なるけど、瞬発的な動きと、常に力を入れ続ける動作っていうのは、自転車の単純な繰り返し運動とは異なる運動形態である。

 峠を走るには、デブった身体では無理。身体が支えられないような筋力でも無理。路面から感じる変化に対応出来ない鈍くささでも無理なのだ。

 単車で峠を楽しく?走るっていうと、シートにどっかりと座る状況は稀。常に腰を浮かして右に左にと体位を入れ換えて走り続ける。そういう走り方では休まる暇は無いのだ。そうしながら、峠をせめて思うのは、自転車とも自動車とも違う世界。身体全体を使って三次元的に操作する。路面から遠くなったり近くなったり、視点がこれ程迄に変化する乗り物っていうのは、空を飛ぶ乗り物を除けば他には存在しない。

 最近は、高速道路タンデム解禁で、重量車に乗ったタンデムを見かけたり、昨今の中高年のハーレーブームでは無いけど、ハーレーで鼓動音を轟かせながらのライダーを見る事が少なくないけど、あれとは違う。勿論、横浜ケンタウロスバリ、イエローコーンジャケットを来た系のZ、CB、忍者、VMAX系のチョイ悪コスプレ系とも違う。スポーツバイクと言っても600、1000cc以上の最新のスーパースポーツでバイパスカッ飛び系とも違う。主体は単車やコスチュームに非ずで、単車を扱う部分、走る部分を極めて限定した世界で遊ぶ方法だけど、そういう世界は間違いなくダイエットに効果的な運動だ。

 まぁ、そういう世界で陶酔感に浸るのは、危険と隣り合わせなのは間違いない。そういう世界で攻め続けると、未だ行ける。未だ攻められる。今の感覚を更に、、、、という方向に行くと、少しずつ限界に近づいていく。限界を超えると、、、、殆どの場合、その場所は誰も居ない山の中だったりするから、意識が無くなるとヤバイし、意識が在っても走行不能になると帰還自体が難しくなったりする。

 だから、行けるとこまで行ける感覚では、通い慣れた峠に限定するのが何より。見知らぬ場所では、そういうリスクを常に自覚して楽しむのが大事だったりする。

|

« 旬でダイエット♪ | トップページ | 犬の散歩、、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 単車でダイエット♪:

« 旬でダイエット♪ | トップページ | 犬の散歩、、、、 »