« ソロ派 | トップページ | 接近音よりも、、、、 »

2010年5月20日 (木)

シャインテール?

 車のテールランプのダミー部分に光らせるっていうのは、案外メジャーなカスタムのようである。色々調べると、一寸前の車は4灯尾灯、4灯制動灯っていうのも少なくないようだけど、MC等々で2灯に改められてダミー部分がそのまま残ったりと言う例が多いようだ。

 そこで、表題の語句が商品名としてダミー部分を点灯させるキットが販売されている模様。キット内容はT10のウェッジバルブとソケットを二組で、これを本来の尾灯に並列で繋ぐモノ。大抵は3000円程度で販売されているようだ。車種によっては、フロアーハーネスとランプアッシーの間でバイパス配線を入れて、ランプアッシー内の電球を同時に点灯させるような配線キットも販売されているようだ。

 このようにテールランプの灯火パターンを賑やかに変更するっていうのはメジャーなプチカスタムのようである。
 そこで、テールランプの灯火パターンを変更する例を調べてみた。

 すると、、、、

・ダミー部分に電球を仕込んで尾灯を4灯化する。
・ダミー部分にダブル球を仕込んで、尾灯、制動灯を4灯化する。
・リヤフォグ装着車のリヤフォグ点灯を殺し、制動灯4灯化する。
・リヤフォグ装着車のリヤフォグを減光させて尾灯4灯化する。

 というようなパターンである。

 後部灯火で一番重要な決まりは、一番明るい灯火は制動灯にするという決まり。
 つまり、リヤフォグ車でも、その明るさは制動灯以下なのだ。それ故に、フロントフォグランプのようなリレー配線を省略した例も少なくないし、尾灯で4灯化しても電流がハーネスを傷める程では無い。最近はLED等も普及しているから尚更である。

 因みに、法的な制約を調べると、

 尾灯は、照明部の上縁の高さ2.1M以下、下縁の高さ0.35M以上、照明部の最外縁は車両の最外側から0.4M以内、車両中心部に対して左右対称。
 制動灯は、照明部の上縁の高さ2.1M以下。下縁の高さ0.35M以上、照明部の最外縁は車両の最外側から0.4M以内、車両中心部に対して左右対称。
 方向指示器は、照明部の上縁の高さ2.1M以下、下縁の高さ0.35M以上、照明部の屋外縁は車両の最外側から0.4M以内、指示部の最内縁の間隔は0.6M以上、車両中心部に対して左右対称。

 ということ。そして、数は片側2灯迄ということである。リヤフォグランプの場合は、最大で左右一灯ずつで2灯なんだそうだ。でも言えること。

 そこで、今回、テールランプの灯火パターンが寂しいプロボックス号の尾灯、制動灯を四灯化してみようと思う。もしかしたら、リヤフォグも増設するかもしれないけど、取り敢えず、尾灯と制動灯の四灯化を行ってみる。

|

« ソロ派 | トップページ | 接近音よりも、、、、 »

コメント

色々調べてみた。
http://www.mlit.go.jp/jidosha/kijyun/saimokubetten/saibet_052_00.pdf
の4.9.3が制動灯、4.12.3が尾灯の数について記載してある。
現行法適用車両については、制動灯、尾灯とも二灯が決まり。補助制動灯が無いものに限り、二灯追加で合計4灯が認められている。

灯火の数の数え方は、灯室がレンズ内で断続か連続かで定義されており、レンズから見た光源の数とは違う。球数が多くても、灯室が一つなら灯火は一つなんだそうだ。球位置が15mm以上離れていたら大抵は二灯とカウントされる。

つまり、平成18年以降生産車両では尾灯は二灯で無ければならないとの事。まぁ、それで取り締まりを受ける事は考えにくいけど、、、

投稿: 壱源 | 2010年5月25日 (火) 13時14分

こんばんは!
プロボックス、ホント飾り気無いというか必要最小限で色気無しです。それ故に、少し色気を出そうと思いますが、それとて、普通の車ならデフォルトな仕様に過ぎないのが笑えます。

投稿: 壱源 | 2010年5月21日 (金) 23時20分

 シンプルな構成の車のほうが、弄りがいが有りますね。車幅灯やハイマウントストップランプは有ったほうが良いですよね。
 自転車も尾灯が有ったほうが良いと思う事が有ります。乾電池で点滅するのも良いですが、前照灯と一緒に点くと良いですね。

投稿: クマ | 2010年5月21日 (金) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャインテール?:

« ソロ派 | トップページ | 接近音よりも、、、、 »