« 視力快復のための筋トレ | トップページ | パワーバンドを拡げる理由や必要条件は? »

2010年5月10日 (月)

配線図

 車の底に潜り込んだら使われていないカプラーが結構見える。
 これ、何よ?っていうのが純粋な関心だ。他車と部品共用した名残とか、メーカーオプション、ディーラーオプション用のインターフェイスとか、色々だろう。

 そういえば、二輪車の配線図は完備しているけど、車の配線図を調達した事はない。車の配線は単車以上に難解で複雑。何がどう繋がっているか?これを判断するには、カプラーに除く端子だけからは判断が難しい。

 車のインテリアというと、コイン入れ、ペン立て等々があるけど、これってスイッチの隠し蓋のデザインなのだが、ここにスイッチを付けたいという衝動に駆られる事が少なくない。

 プロボックスには二つの隠し蓋がある。一つはヒーテッドミラーを付けたので、コインホルダー蓋を取り外し、ヒーテッドミラーのスイッチになっている。残りはペン立てになっているのだけど、ここに何かを付けようか?と思案中。付けるには、元のハーネスが利用出来るモノが望ましい、、、、

 この部分に付ける事が出来そうなのは、純正パーツならリアフォグの増設なんだろう。しかし、リアフォグっていうと光量的には制動灯以下とは言え、直配線+リレー+スイッチという構成で、ゼロから敷設するのは面倒臭い。トヨタでよくあるハーネス共用で、スイッチとリレー投入で接続可能なら追加してみたい。

 でも、純正のリアフォグで右側のみ点灯っていうのは今一だし、車両法に従うと両方を点灯させる事は可能だから、仮にリアフォグなら左右で点灯させたい気もするけど、使用頻度を考えると、手間と効果を両天秤するような、そんな感じ。そんな事を言っていたら、尾灯にスモールランプを追加して四灯化してみたいような気もする。

 他にも、シート下に増設した正弦波インバーターへの供給電源をシガーライターからAC電源から取り出すようにして、それのオンオフの汎用スイッチを設けるのも面白いかも知れない。

 ということで、未結線のカプラーの情報収集と、何か便利なモノは付け加えられないか?を考えるのに、プロボックスの配線図集を注文した。

 来たら配線を眺めながら、色々考えてみようと思う。

 

|

« 視力快復のための筋トレ | トップページ | パワーバンドを拡げる理由や必要条件は? »

コメント

配線図は必須ですよね。
今回、プロボックスで見付けた三つの空きカプラーはメーカーオプション用で正解でした。
センターコンソール側がインバータとの接続結線とAC100Vのラインアウト用でした。
それから、ミラーコントロール下のカプラーがズバリリアフォグ用でした。
ここに繋げば完成ということのようです。

投稿: 壱源 | 2010年5月10日 (月) 23時28分

 平成に成ってからの車のハーネスまでいじった事はありません。でもコネクターが余っているのを見ると何が繋がるのか想像する事があります。正規の配線図が有れば、利用法が広がりますね。
 ハーネスに付いているコネクターの極性、電圧、電流容量、キースイッチのどの位置で通電するのか、テスターなどで確認していくのは手間が掛かりますね。
 車の配線、漏電や外れたときの安全性に配慮するのがポイントですね。24v車を使用していた時、バッテリー→ヒューズ→DC/DCコンバーター→12Vライン→ヒューズ→12V機器と配線していました。気を付けていましたがコネクターから配線が外れた事があります。床のゴムマットへ銅線が触れたら煙が出始めました。ゴムマットでも通電する物があるのですね。幸い事なきを得ましたが、気をつけて行きたい物だと思いました。

投稿: クマ | 2010年5月10日 (月) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 配線図:

« 視力快復のための筋トレ | トップページ | パワーバンドを拡げる理由や必要条件は? »