« ポジションの不思議 | トップページ | スポルティーフ »

2010年10月10日 (日)

走る場所

 前記事でも書いたけど、自転車は走る場所が厳しい。
 スポーツサイクルで走る時、、、、、自歩道も狭いと嫌。最低でも5mは幅員が欲しい。車道はどう?っていうと、交通量が多く、路側帯の確保されていない片側二車線の道路も嫌である。車が多く、流れが速く、信号が多いから。

 一番理想的な走行空間は、センターラインのある片側一車線の道路。大抵、路側帯も或る程度確保されているし、無くっても、車線の幅が広く、交通量も少ない。

 しかし、こういう場所は殆ど断続的なのだ。

 最近、多いのは自転車通行可の歩道、それと歩道内の自転車通行域、、、、、しかし、ここで怖いのが、極低速走行の蛇行並進自転車、それから、前を見ていない対向自転車。

 そういう状況故に、走る場所が無いなぁ、、、っていうのが、今の不満。

 結局どうするか?っていうと、法的に認められた車道走行と自歩道走行の併用だ。

 これで問題解決か?っていうと、案外、難しいのが現状。自歩道から車道に出る時、車道を横断する必要の有る向きの自歩道は通りたくないのが本音。自歩道から車道に降りた時に逆走状態になる歩道は自転車で通りたくない。

 ということで、自転車で走る時、基本は、車両と同じ左車線と、左車線に隣接した歩道を車と同じ進行方向で進む場合だけ。

 こうやって絞っていくと、ホントに走る場所が限られる。悲しい現実だ。

|

« ポジションの不思議 | トップページ | スポルティーフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 走る場所:

« ポジションの不思議 | トップページ | スポルティーフ »