« コンパクトクランクなら、、、 | トップページ | 型遅れデジカメ大好き »

2010年10月15日 (金)

ラングスター=シルクR1

 我が家の実走マシン、、、、それは44×17TのラングスターTT号である。これで休日早朝に太田川沿いを周回して遊んでいる。

 我が家のエアロバイク、、、、それは48×18Tのシルク・ピストR1である。これは毎晩、三本ローラーに乗ったり、固定トレーナーで負荷を掛けて遊んでいる。三本ローラーはアクションマグローラーで負荷ユニットを追加したモデル。固定ローラーは生産中止のこれ。

http://www.minourausa.com/japan/trainer-j/rim-j/pm-j.html

であるけど、このパワーマチックって負荷ユニットが実に良い具合。

これで、メーター表示で38km/hくらいで走っている状態が、ラングスターTTで安佐大橋から安芸大橋を38km/hくらいで維持走行している状態と脚に感じる負荷、汗の出方、疲労感が殆ど同じ感じ。

パワーマチックっていうのは、走行速度の二乗に比例して負荷が増大するモノで、空気抵抗による負荷の増え方を再現したモデルらしいけど、正にそういう感じ。
三本ローラーで最高回転数迄高めると、実走では有り得ない75~80km/h域迄上昇するけど、パワーマチックで行うと、やはり実走に近い60~65km/hが上限に近い。勿論、パワーマチックでもガバナー位置を調節して、負荷リミットを掛ければ通常のような扱いも可能だけど、やはり速度の二乗に比例して負荷が増えるってパターンはイイ感じである。

 

|

« コンパクトクランクなら、、、 | トップページ | 型遅れデジカメ大好き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラングスター=シルクR1:

« コンパクトクランクなら、、、 | トップページ | 型遅れデジカメ大好き »