« 見える?見えない!? | トップページ | ハイブリッドカーに接近音ならば、、、 »

2010年11月20日 (土)

固定シングル+DHバー=エクササイズバイク

 ピストというと、クロモリホリゾンタルでカラーコーディネートっていうのが流行りなんだろうか?そんな事より、変速無しの自転車がピストって定義自体がおかしな話で、ピストって言うよりも固定シングルとかシングルスピードって呼ぶべきもんだろう。

 で、我が家のラングスターは固定シングルだけどピストっていうよりも固定シングル装備のバイクという感じ。まぁ、コレをピストと呼ぶのもアリかもしれないけど、そうだとしたら昨今の流行から完全に外れた仕様である。

 アルミスローピングに心拍モニター+保安部品、それにロアマウントのDHバーという構成。色は飾りっけなしのアルミポリッシュ+ブラックという構成。

 でも、このコーディネート、個人的には気に入っている。アルミなら塗る必要無し。ポリッシュこそ王道。部品は黒いのがシンプル。モロ、道具感出まくりである。

 では、どんな道具?っていうと、固定シングルギア+DHバーっていうと、特定の条件でモクモクと漕ぐモノ。即ち、、、、、エアロバイクみたいなものである。飾りっけなし、決まったメニューを淡々とこなすのに特化した仕様なのだ。こんなの、ダイエット目的のエアロバイクと同じ様なモノ。外を走るから景色が変わるという点が室内のエアロバイクと違うだけだ。

 しかし、比較的軽いギアの固定シングルで低めのDHバーである。前傾度は深い。しかし、速度が上がると実走状態でもケイデンスは170rpmを越えることもある。それもハンドルはDHバー上である。上腕は胸に近い位置だ。これって、、、、そう、下半身が決まらないと結構跳ねやすいポジションである。走っている時は常に平坦直線路であるので、ずっとDHバーに乗っかったポジション。これで負荷を掛けて漕ぐのだ。胸は閉じている。胸が空いた状態よりも肺は小さい。心肺的には厳しい条件なのである。息を吸い込む時に胸を開く方が楽に呼吸出来るけど、そういう楽さは無いのだ。それで走行時の平均速度は40km/h近辺なのである。身体の負担は結構大きいのである。他にも面白い点がある。この仕様で強い向かい風に向かう。上体を畳んでいるので体幹を意識して使う。っていうか、意識せざるを得ないというメリットがある。負荷の大きな上体で速度を保つ時、太股を引き上げる筋肉、丁度、腹筋の奥の筋肉が動いているのが自覚出来る。こういう感覚は普通のロードバイクでは意識する事は少ない。

 そんな訳で、固定シングルでDHバーっていうと、身体の隅々迄神経が行き届くのである。条件的に厳しいところが多い程、使えるモノを意識して使おうって意識が強くなり、結果的に、色んな所に気付くのである。

 そういう意味で、固定シングル+DHバーっていうのは、機材としてハード故に、ダイエット効果のみならず、色んな発見があるのが面白いのである。

|

« 見える?見えない!? | トップページ | ハイブリッドカーに接近音ならば、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 固定シングル+DHバー=エクササイズバイク:

« 見える?見えない!? | トップページ | ハイブリッドカーに接近音ならば、、、 »