« 峠 | トップページ | 琴線に触れる »

2010年11月23日 (火)

律速条件

 峠を昔の単車やライトバンで走って思う事、、、、これらとて、アクセルを全開にする瞬間は極めて少ないというか、全く無いという事実。選ぶギアポジションは?っていうと、単車で2速~3速、車でも3速~4速の範囲。そのギアポジションでトルクバンドとなる回転域を使うパターンばかりである。

 車や単車の能力的には、更に高い速度域OKだろうけど、走る道路状況と自分の技量が道具に高性能を求める状況となっていない。勿論、他の車両と併走状態になっても、自車の能力に不満を覚える事は全く無い。ツーリングに出掛けても、超高性能車両に対して自車の遅さに苛つく事は皆無なのである。単車ならミドルクラスのツインで十分、80年代のレプリカでも十分という感じなのだ。四輪でも生活圏の峠、街中、市街地、抜け道、高速道路、、色んな状況で、今以上のパフォーマンスは不要と言い切れる。

 逆に、今以上の能力は使いきれない自信があるという状況。

 つまり、自分が乗り手となった公道でのパッケージでは、能力を律しているのは、自分の技量か道路事情と言う事なんだろう。

|

« 峠 | トップページ | 琴線に触れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 律速条件:

« 峠 | トップページ | 琴線に触れる »