« スクーター | トップページ | 10/31~11/6の週の検索ワードピックアップ »

2010年11月 6日 (土)

ブログ掲載の感想文は、、、

 ブログに掲載されているのは、殆どがブログ主の感想文である。或る意味、ブログ主が何処にいても見る事が出来る備忘録のようなモノである。備忘録の場合、書き手が自分の意識に沿って書いて、何処からでも閲覧出来るというのがメリット。だから、言葉足らずの事も多いし、書き手の思う事を文字で表現しても、それが第三者に伝わるか?っていうと、極めて怪しい。

 少なくとも、自分はそう思う。

 自転車なら乗り方、漕ぎ方、、、、そういった蘊蓄は大量にネット上に転がっているけど、其処に書いてある事は書き手には真実でも、読み手が書き手と同じように実践出来るか?同じ様なニュアンスで伝わるか?っていうと、、、、そりゃぁ、かなり怪しい。

 書いてある事は話し半分でチラ見程度のモンだろうと思う。

 でも、、、、、火になって読み漁る人っていうのは確実に存在する。そこで、思うのは、火になって読み漁る人は、多分だけど、未来永劫、本人さんの疑問や希望が氷解したり叶ったりという境地には到達しないと前々から考えている。書き手の表現というのは、書き手のイマジネーションである。大事なのはイマジネーションが湧くという事実。一度でも見てしまったら、その言葉が頭にこびりついてしまうと、仮に、何か似たような問題に直面したとしても、自分のイマジネーションの湧き出しに過去の伝聞が影響されてしまう。

 やっぱり大事なのはイマジネーションを自力で思い浮かべる事。他人の思い浮かべたイメージは邪魔者以外の何ものでもない。伝聞、検索、文献で利用すべきは、やはり、その道の王道的な真実。真実というか事実をどのように使うか?という方法論は個人のセンス。利用するのは他人のセンスでなく、その世界における真実。

 でも、願いが強すぎて他人の行動が気になったり、伝聞に影響されやすい人は、真実と他人の選んだ選択の区別が付かない人が多いようだ。結果、他人の選んだ選択を真実と勘違いし、自分で感じるという一番大事な事を軽視してしまう。だから、将来遭遇するであろう疑問に対しても、その度に、他人の選択を調べまくる、、、、そういうスパイラルに嵌る。嵌れば嵌る程に、自分でイメージを生み出すチャンスを逸してしまう。

 見ていて不憫だと思う奴が居るけど、何時になったら気付くんだろうか?

|

« スクーター | トップページ | 10/31~11/6の週の検索ワードピックアップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログ掲載の感想文は、、、:

« スクーター | トップページ | 10/31~11/6の週の検索ワードピックアップ »