« 服装 | トップページ | 録画は無意味か? »

2010年12月26日 (日)

鳴木屋輪店、格好いいな。

 先日、こういう記事を書いた。

 http://replica2st.cocolog-nifty.com/diet/2010/12/post-7933.html

 である。詰まるところ、自転車なんて基本は同じ。基本というのは理屈という意味。でも、それを実践させるとなると、用途、乗り手に応じて、基本をベストな形で提供する具体化の部分は千差万別という話。

 そう、型にはまったベストというのは無く、その人に合わせたベストが人毎に存在するという考え方。それ故に、人に会わせるモノの幅が広い程、定型的でない誂えが提供されるという考えである。

 訳判らないように書かないとすると、ロード以外お断り、特定ブランド以外お断りの店は少なくないけど、そんな店より、幼児車、実用車からロード、MTB、ピスト迄手広く扱う店で長く続いている店の方がセッティングというような部分では懐が深いよ!って話。

 すると、表題のショップの紹介がテレビで為されていた。

 http://www.ginrin.tv/archive/2010/12/post_195.html

 であるが、こういう店が個人的にも好きだ。

|

« 服装 | トップページ | 録画は無意味か? »

コメント

そうなんですか!
でも、ブーム系ショップと違い、昔ながらの自転車屋さんってのは、どの町にも一つくらいは在りそうですね!

横文字のカッコイイ系のブティックのような店はチョイ苦手です。
バイク屋なら、床が仕事してます!って訴えているような店が好きでしたが、自転車屋さんなら、ママチャリが前面に並んでいるような店の方が好きですね。

投稿: 壱源 | 2010年12月26日 (日) 21時47分

 こんにちは。懐かしい店名が出てきました。15年くらい経った今も愛用している、私のベルト駆動シティ・サイクル(BS製)は、世田谷区上北沢の鳴木屋さんで、連れと一台ずつ購入した物です。鍵に、プラスチック製カラビナ様フックと五円玉を付けてくれたのが御愛嬌でした。歴史の長い店だったんですね。

投稿: クマ | 2010年12月26日 (日) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳴木屋輪店、格好いいな。:

« 服装 | トップページ | 録画は無意味か? »