« コイツ、何と闘っているのだろう、、、 | トップページ | オブジェとなるフレーム »

2010年12月 5日 (日)

大きなお世話

 最近、勤務先のホットな話題というか指導は、『健康作り』である。
 経営目標というか、そういう奴が『正しいラジオ体操で健康作り』というネタだ。それで、集会とか朝礼とか安全教育とか、そういう会合でラジオ体操の正しい方法を指導しているのだ、、、、、これが続いて何年経っただろうか?、、、、既に数年以上経過している筈だ。

 まぁ、従業員の健康を祈る気持ち。判らないではないけれど、、、、ラジオ体操の指導に時間を費やしてっていうのは如何なモンだろうか?というのが正直な感想である。

 ラジオ体操を正しく行う事で健康作りを行う。ラジオ体操を正しく続ける事が出来れば、健康、、、まぁ、判らないではないけど、、、、

 個人の感想としては、へ~っ!って程度である。

 正直、毎朝一回、せいぜい3分程度のラジオ体操を行って問題が解決するか?元気で居る事が出来るか?というと、実はそうではないような気がする。

 指導したい人というのは、たかが3分のラジオ体操でさえ健康作りに役立てよう!って意識が在る訳で、そういう意識が日常行動の瞬間の選択が健康に役立つ方向になっているということである。言い換えれば、ラジオ体操も無駄にせず利用しよう!って気持ちが、一寸した行動を健康に役立つモノを選択しているだけと言える。

 歩くなら早歩きで!とか、エレベーターでなく階段を!とか、待つ時は立って待つとか、、、そういう日常の蓄積があってのモノだろう。

 それ故に、朝一回のラジオ体操だけやっていれば!って聞こえる指導では、何の役にも立たない、、、、個人的にはそう思うのである。

 つまり、健康作りは個人に与えられた24時間を如何に利用するか?が鍵であり、健康に効果を発揮するには、やはり、一定以上の時間を費やさなければダメなのだ。
 経営者のように多忙な人間故に、日常のチョットした瞬間を健康に役立てる選択をしているのが良い訳で、結局は意識次第なのだろう。

 自分の場合、毎日3.5時間の筋トレ+持久運動、、、週一回以上のスイム、、、これが健康の秘訣であり、結局は、各々が個々の生活リズムで如何に健康を保つか?を意識する事が大事なのだ。自分がやった事の断片を他人に言っても無駄なのだ。大事なのは、考え方、意識の持ち方、時間の使い方なのだ。

|

« コイツ、何と闘っているのだろう、、、 | トップページ | オブジェとなるフレーム »

コメント

独り言だけど、我ながら運動が良く続くもんだ、、、

投稿: 壱源 | 2010年12月 6日 (月) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大きなお世話:

« コイツ、何と闘っているのだろう、、、 | トップページ | オブジェとなるフレーム »