« 歳を取ると拘るポイントが変わる | トップページ | VistaからWindows7にしようかな? »

2010年12月20日 (月)

ロードとピスト

 先日、メインサイトのBBSで書き込みを頂いた。
 基本、人との交流は、鏡の如しをモットーにしている。沢山の文章に対しては、沢山の文章で返す。これが基本。

 まぁ、それはそれでヨシとして、この意見でのロードとピストの関係について考えてみる。

 意見で最も違和感を感じたのは、ロードの練習でピストに乗るという部分。自分は、ロードはロード、ピストはピストで違う乗り物だと思っている。それぞれに求めるモノが違うし、求める答えを出す方法論も違うと考えている。実際、ロードフレームに固定ギアを組んでも、それは違うと思うし、ピストバイクにフリーを組んでも違うと思う。そもそも、乗り方が違って、ポジションも違う。自分の考えでは、色んな車型の違いの大元は何か?というと、、、、、

 それは、用途に合った乗り方が出来るようなフレームディメンションが最初にありき!って思うのである。ロードフレームに泥よけを付けても、スポルティーフ擬き、プロムナード擬き、、、、逆に、ランドナーとかスポルティーフから泥よけ、キャリアを外して細いタイヤを付けてもロード擬きであってロードとは違う、、、、そう考えている。

 乗り方に特化させた最適形状がフレーム。最初にフレームありき、、、、やっぱり、その考えは捨てきれない。

 何を以て究極か?という議論をすると、用いる尺度次第だけど、道具がシンプルな程に難しいという世界も存在する。勝負というか優劣の判断が非常に小さな違いで決められる世界、、、、0.1秒で決まる世界、、、、それは、その世界ではやはり究極なのである。

 正直、固定シングルギアを装備したピストバイクで、その部分に特化した考え方を突き詰めるという部分では、ロードバイクでは感じる事は出来ないだろうし、気付く事も無いという考えは変わらない。それに気付いたり、違いを感じたりすると、それはロードとしては有り得ないからだ。

 ロードはロード、ピストはピスト。ランドナー、スポルティーフ、プロムナード、小径、折り畳み、、、、どれもこれもそう。似て非なるもの。どれも違う。使い方が違う。そういうもんである。それ故に、色んなモノが欲しくなるのも良くない癖だったりする。

|

« 歳を取ると拘るポイントが変わる | トップページ | VistaからWindows7にしようかな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロードとピスト:

« 歳を取ると拘るポイントが変わる | トップページ | VistaからWindows7にしようかな? »