« 新型無水潤滑軸受の目的は儲けに非ず。論理の完成にある。 | トップページ | 拘り »

2011年1月17日 (月)

習慣記録の改良

 生活習慣記録では、朝昼夜の食事、間食、歩行数、運動量を記録している。昨年に較べると、今年は間食を入れているけど、更に記録方法を改良することにした。

 そう、食事、間食の時刻を記録する事にした。タイムテーブル的な記録フォーマット方法を取り入れるのである。特に、三食の主食は定刻だけど、間食は不定期である。この不定期の部分の時刻記録によって食生活の不摂生を洗い出す事が目的だ。

 記録、日記を付けるっていうのは、チョイ前に話題になったレコーディングダイエットなんだろうけど、今は運動自体も記録している。記録を付ける目的、、、、それは、日々を決めたとおりに進めている事を残す事で、プレッシャーを掛けて怠け方向に生活が崩れないようにするのが目的。
 つまり、より効果的にするには記録自体を正確に残す事である。正確に残すというと究極的には、種類と時刻に加えて量も記載するのが望ましいのだろう。しかし、続けるためには、剰りにも億劫となるような煩わしさは逆効果なんで、その辺は日々の継続の際の気分と相談しながら決めていきたいものである。

|

« 新型無水潤滑軸受の目的は儲けに非ず。論理の完成にある。 | トップページ | 拘り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 習慣記録の改良:

« 新型無水潤滑軸受の目的は儲けに非ず。論理の完成にある。 | トップページ | 拘り »