« マナーに拘る奴が、他人を直ぐ追っかけるか? | トップページ | 無注水摺動が出来ると言う事は? »

2011年2月 3日 (木)

LPCSP×製品プロト無注水軸受の摺動試験開始!

 さて、午前中に温度復帰後の軸歳差変位増分値の測定を終えたので、午後からT社エンジニア立ち会いの元でLPCSPスリーブの試験を行っている。
 取り敢えず、速報値としては、

##############################
1.供試材料
・滑り軸受:完全ドライ対応のカットレスジャケットベアリングの製品プロト
      内径100mm、摺動長55mm
・スリーブ:C/Cコンポジットマトリックスの改質材料、開発コードは、LPCSP

2.摺動条件
・摺動環境:完全ドライ×2[hours]
・ラジアル負荷:0.20[MPa]×6[m/sec]
        0.85kgのウエイトを偏芯半径130mmで1200rpm

3.結果
・摺動トルク:1.39[N・m]→1.22[N・m](1[hours])→1.22[N・m](2[hours])
・軸変位(隙間+振動):540[μm]→590[μm](1[hours])→630[μm](2[hours])
##############################

 本日は、T社さんとの打ち合わせをしながら試験を行った。試験打ち合わせでは、従来の軸受の設計法、数値算出法についての持論を説明し、その論法に基づいた無注水軸受の実現に向けたアプローチの解説を行った上で、E社さん仕様の軸受システムの計測結果、業界スタンダードなシステムでの計測結果と我々の前世代無注水軸受システム、最新のシステムの計測結果の特徴等の比較説明を行った。

 今日は、今回の軸受システムを形成するパーツ、軸受部位、軸スリーブ部位の評価の上での物性値の利用法等の説明が主な内容であるが、基本的に私の開発指針、問題解決に導入した技術と論理を理解して頂けたと考えている。

 そんな説明をしながら、アッという間に二時間の無注水摺動試験が終わったので、即座(3分程度)に装置を開放し、無注水摺動しながらも解放後、直接触手出来る事を確認頂いた。
 今回の試験でもこれまでの試験同様の結果であり、特に大きな違いは無い。

前回の形状効果確認用軸受×LPCSPのデータの比較する。
##############################
★.ベース×LPCSP(Hv=3000~、μ=0.1)
・摺動トルク:1.7[N・m]→1.3[N・m](2[hours])→1.59[N・m](24[hours])
・軸変位(隙間+振動):720[μm]→820[μm](2[hours])→720[μm](24[hours])
・温度復帰前歳差増分:820-720=100[μm]
・温度復帰後歳差増分:720-720=   0[μm]
・温度変化分寸法変化:100-   0=100[μm]

★.プロト×LPCSP(Hv=3000~、μ=0.1)
・摺動トルク:1.39[N・m]→1.22[N・m](2[hours])
・軸変位(隙間+振動):540[μm]→630[μm](2[hours])
・温度復帰前歳差増分:630-540=  90[μm]
##############################

 新しい軸受システムでは、摺動システムが要求する仕様を様々な論理で対処しているのが特徴である。物体の運動理論、材料の機械物性、熱力学的物性を道理通りに利用して、考え得る問題に対処しているものである。道理や論理をスマートに活用すれば、そのシステムは非常にシンプルに仕上がるというのが持論だが、今回のシステムも例外なく、その説に当て嵌まる。

 さて、次はどのメーカーさんに来て見て頂こうか?

|

« マナーに拘る奴が、他人を直ぐ追っかけるか? | トップページ | 無注水摺動が出来ると言う事は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LPCSP×製品プロト無注水軸受の摺動試験開始!:

« マナーに拘る奴が、他人を直ぐ追っかけるか? | トップページ | 無注水摺動が出来ると言う事は? »