« 最終無潤滑摺動試験結果:LPCGL×製品プロト無注水軸受 | トップページ | 道路、年度内に直して欲しい。 »

2011年2月 6日 (日)

フィットシャトルの、その次

 前々から気になっていたのが、エアウェイブ後継車、フィットのワゴンモデルで、シビックシャトルならぬフィットシャトルってモデル。

 これ、全長、全幅、全高といった大きさの面で自分的にはベストなサイズのモデル。エアウェイブも前回の車購入では候補になっていたけど、今回のモデルも気になる存在。ホンダなら、ストリームの5人乗り版も気になる存在である。5人乗りでも背の高いフリードスパイクとかには関心が無い。

 5人乗りでワゴン的に使える普通サイズの5ナンバーっていうのが自分の車選びの大きなポイントだから、ホンダっていうのは結構気になるモデルがあるのだ。

 このフィットシャトルってモデルは登場前だけど、ネット、雑紙でリークした画像を見る限り、結構イイ感じである。タダ残念なのは、、、、ホンダはMT車を設定しない事。これが残念。

 ところで、このフィットシャトルの先は、もしかしたらパートナーが復活するのかな?って匂いも感じる。

 そうすると、、、、フィットシャトルの全長も4400mmクラス、ADバンも同じく4400mmクラスである。これって、我が愛車であるプロボックス系4200mmクラスよりも一回り大型なのだ。

 プロボックスも登場して、もうすぐ十年だ。

 昨年の秋のベストカーでは、有り得ない姿の次期プロボックスが予想図で紹介されていたけど、、、フィットシャトルベースのパートナー、ADバンという辺りが登場すれば、案外、4400mmクラスでリニューアルして登場するのかな?という気もしないではない。4400mmのプロボックスに4500mmのサクシード、こういうのが今の延長線上で登場すれば、チョット、欲しいかもしれない。勿論、登場したら直ぐに買い換える!って訳にはいかないだろうけど、そんな期待が出てしまう。

 現行プロボックスでホイールベースで100mm、リアオーバーハングで100mm伸ばして荷室長が最長で2000mmクラスとなったり、5人乗車で荷室長が1200mmに迫ったりすると、かなり魅力的。今の広さで不満が在る訳ではないけど、全幅、全高はそのまま、デザインもそのままで、ストレッチ版が出れば良いのに、、、、。

 話は変わるけど、ミニにクロスオーバーって車種が追加された。前グレードでMT+4WDがチョイス可能。全長も短く、全幅が三ナンバーだけど基本的にコンパクトな仕様である。これも結構壺に嵌る。まぁ、買うか?っていうと、チョイ洒落すぎて買わないけど、悪くない選択肢なのは間違いない。

|

« 最終無潤滑摺動試験結果:LPCGL×製品プロト無注水軸受 | トップページ | 道路、年度内に直して欲しい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィットシャトルの、その次:

« 最終無潤滑摺動試験結果:LPCGL×製品プロト無注水軸受 | トップページ | 道路、年度内に直して欲しい。 »