« 隙間の数値計算 | トップページ | カーナビのトレンド »

2011年2月18日 (金)

真理が見えないと無意味な模倣で終わるのに、、、、

 木曜日、所要で社外に出ていた。
 その時、最高経営者である会長から電話があったそうだ。で、帰社後、会長に電話をすると、、、『CADデータの三次元化の意味が知りたい、、、、』との話。

 これ、5年前に社内製品の問題解決に、とある取り組みを行ったことがあるのを会長が覚えていたからだ。それで問い合わせが来たのだ。

 因みに、その時は情勢分析の上、コスト圧迫要因をリストアップして製品に施す作業全てのパートを抜き出して、何をどうしたら、どうなる?という事を整理した上で対策行動の波及効果の順位に従って、とある策を施した。

 その大きなガイドラインに従った流れ、つまり目的を達成するための手段として、当然の事ながら作業効率の向上と社外で発生するコストを抑制するという目的もあり、設計段階における形状図面の作成を三次元で行うという方法と取り入れた。これは、作成した三次元データを図面展開のみならず、各種解析に利用することはもとより、鋳造品作成に必須な砂型を得る木型を製作する時の加工データに用いたり、鋳造品の機械加工データに用いたりする事で、各所で用いるデータの一元化の一環として行ったものである。
 何度も言うが、この設計データの三次元化というのは、ある目的の手段であり、三次元データ管理によるメリットというと、純粋には、このデータの一元化とその波及範囲にとどまるのである。

 一番大事なのは、三次元化というのは目的でなく、目的を高度に成し遂げるための手法に過ぎないのである。この手法というのは、とある目的を補完するものであり、この手法を何でもかんでも思いつく所に適用して大きな効果を得るか?というと、それは有り得ないのだ。三次元化によって得られるメリットがデメリットを上回らないと意味は無いのだ。

 逆にいえば、敢えて三次元でデータを供給する必要の無い部位を三次元でデータを作っても、データ量は増えるし、作図担当者の時間経費増大という人件費が増えるだけなのである。

 こんなモノははっきりいって無意味なのである。

 大事なのは、大きな目的は何か?である。目的を見出すこと。目的があるというのは、現状に不満や欠点があるから。欠点があれば、それを直したいというのが基本。欠点を見つけて、その欠点が何に起因しているか?を見極めて、その欠点の原因をつぶすということが一番大事なのである。その目的意識無しで、前例の手法だけを真似ても、何にも効果は得られない。っていうか、工数や手間を掛けても、気がつけば徒労に終わるだけなのだ。

 話が脱線するけど、身近な自転車オジサンが、誰彼の真似とか、誰彼が持っているモノと同じモノを買ったりしているけど、真似ても、同じパーツを揃えても結果は違うのと一緒である。手法と目的が入れ替わる、、、、、こういう奴が多すぎだ。

 木曜日は、設計の担当、設計総責任者、現場責任者、会長が三次元加工する木型屋さんに話を聞きに言ったようだけど、、、こいつら、脳が腐っているだろう。思いの内は、それを企画する側の頭に無いと話にならない。企画者の頭にあれば、経営者だろうと役員だろうと説明出来るはず。それが出来ないから、あるいは、その話を直感的に経営者が疑念を持つから、木型屋に行くような羽目になる。

 理念の無い行動に答えは出ないものである。

 三次元で図面を作ったら、前回と同じような経営的なインパクトが得られると思ったら、、、、多分、無理。それに気付かないようだと、、、見どころは無いな。

 モノを作る、あるいは、新型を作る、、、、そこに必要なのは、現状認識と現状を律する要因の抽出である。その上で、何が必要か?どんな対策が現状を超えるか?というモデルを作った上でモデルを具体化するべきなのだ。それが出来ないなら、次の時代を生き抜く資格は無いのだ。

 まぁ、、、、正直、同僚や上司、後輩の顔を見て、それが出来る、あるいは、組織で我を通す事が出来る奴が居るか?というと、かなり絶望的。

 それにしても、、、、三次元データ何某のために、経営者、専務、部長、課長が木型屋さんに行くなんて、、、、、情けなさすぎる。馬鹿くさい。一度死んでくれ。そして、、、俺に電話を掛けてくるな、、、、、。この件は、一度やった仕事だから、二度目に関心は無い。興味がまったく無いのだ。仕事の終了報告では、目的と手段を分けて説明した筈だけど、それがまったく彼らに理解されず、手段が目的と入れ替わり、その手段で効果が出ると思っている、、、、、大丈夫か?

 どんな行動でも、その行動の背景には、目的が必要なんだけど、その目的というのは、自然科学的に効率が高まる方向でないと価値は無い。企業にとって云々(利益優先主義)の前に、自然科学的に正しい方向というのが一番。これを見誤ると、改竄とか偽装につながる。性能試験データを誤魔化すなんて事を麻痺した感覚で容認したりしかねないのだ。大事なのは絶対正義、絶対真理である。企業のためでなくとも、自然科学的に正しければ、別ルートからでも社会的貢献度を果たす事が出来るのだ。そういう意志が一番大事なのである。

 私利私欲、嫉妬、、、、そういうのは、全て組織の上に良く見られたいから働くもの。それを超越した理念が無い奴は、、、正直、嫌い。

|

« 隙間の数値計算 | トップページ | カーナビのトレンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真理が見えないと無意味な模倣で終わるのに、、、、:

« 隙間の数値計算 | トップページ | カーナビのトレンド »