« 改造車の使い方の一例 | トップページ | 下らない仕事は終わりにしよう。 »

2011年2月16日 (水)

無注水軸受の欠点

 表題のタイトルで検索が結構あった。
 無注水軸受の欠点を明らかにするには、無注水摺動を実現する要素を逆に明らかにする必要がある。そして、通常摺動システムで無注水摺動が出来ない理由を明らかにする事が重要。

 一般の摺動モデルに囚われると、無注水摺動は基本的に不可能。既存の摺動システムは全て欠点だらけだろうなぁ、、、、。

 一言で言うと、軸受隙間が水潤滑域での摺動には全く適さない数値が必要で振動等の問題が解決出来ない点、スラリー等の高摩耗雰囲気では全くの無力の点が重大な欠点。

 既存のシステムは全てが、この問題を抱えている。これを解決する方法を如何に見つけだす事が出来るか?が鍵。

|

« 改造車の使い方の一例 | トップページ | 下らない仕事は終わりにしよう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無注水軸受の欠点:

« 改造車の使い方の一例 | トップページ | 下らない仕事は終わりにしよう。 »