« 相当、熱いだろう。黒煙は難燃材の燃焼かな? | トップページ | 暫定規制値の何倍って表現は判りづらい »

2011年3月24日 (木)

チンプンカンプン

 日々、原発事故ニュースが飛び込んでくる。
 多くが、東電、政府の発表であるけど、今一つ、ピンとこない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110324-00000549-san-soci

 例えば、このニュース。圧力容器内圧力が5.1気圧から4気圧に下がった!とかの話。

 しかし、原子炉耐圧は?って事を考えると。チョイ前の報道発表は設計温度が300[℃]という報道。これから言えるのは、内部は300[℃]の飽和蒸気を格納する。つまり、蒸気圧が90気圧くらいなのだ。因みに、沸騰水型原子炉の場合は、動作形態から考えても加圧型原子炉より常用圧力は低い。加圧型の場合、内部は臨界近辺迄考慮しているだろう。水の臨界は374[℃]で218気圧。この域ではないだろうから、350[℃]近辺、180気圧前後が設計の使用上限だろう。
 そう言う事を取り出して比較すると、報道でいう圧力容器ってどの部分?って気がするのである。4気圧とか5気圧の話なら、容器厚さが15cmというのも道理に合わない。
 飛び交う言葉の何が何を示しているか?というのがピンとこない。

 これに限らない。多くの人は情報がチンプンカンプンだろう。

 例えば、μsv/hrと許容値は?
 これも1時間あたりの放射線量だけで一回ごとのCTスキャンとどう?とか、年間浴びる上限放射線量と較べてどう?っていうのも矛盾。
 条件事に時間あたりの線量を積算するとき、生活形態にあわしてどう?連続して浴びずに影響が減衰すると考えてどう?とか、発生源の事態でどう?とか判りやすい情報で提要しないと話にならない。
 ミリとマイクロの混同も主婦からすれば同じに見える。そんな情報を未統一で流すのも如何なものだろうか?
 不安で誤った情報をデマと避難するまえに、デマが広まらないように、判りやすい情報を提供する必要がある。

他にも、飲食物の暫定規制値。
 これも、不安に思う人が多い。飲んだら内部被曝になるのでは?という危惧に対する説明が正確でないから、水の買い占めに走るのだ。

更には、農家の出荷制限。
 これも、栽培形態で影響が違うのでは?って農家の人の話もあるけど、少なくとも、手間が掛かるとしても集積地毎に検査してOKとNGの仕分けくらい仕分け人が居るんだからヤレよ、、、、と思う程。一緒くたに危ない。危ない根拠も混乱しているから、地域一帯の野菜はNG的な空気が蔓延するのである。
 自衛隊とか消防庁におんぶ抱っこでなく、農林関係も働け。

 他にも色々だけど、情報が正確でない。伝聞的な情報の伝達になっているから統制を失っているような、そんな感じ。

|

« 相当、熱いだろう。黒煙は難燃材の燃焼かな? | トップページ | 暫定規制値の何倍って表現は判りづらい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チンプンカンプン:

« 相当、熱いだろう。黒煙は難燃材の燃焼かな? | トップページ | 暫定規制値の何倍って表現は判りづらい »