« 気象庁とか原子炉対策の発表を聞いて思う事。 | トップページ | 不惑、知命、、、 »

2011年3月15日 (火)

空焚き?

 福島原発の二号炉が空焚き状態になったとの事。こちらは炉内に外部から注水するポンプが何らかの障害で機能を失ったのが原因だという。
 人為ミスというような字幕がテレビ画面に出たり、ポンプの燃料切れ、燃料系統の故障という話が出たりハッキリしないが、兎に角、4mの燃料棒が完全に露出したんだそうだ。

 その後、炉内注水を試みるも水位計が変動する程度しか入らないという話だったり、水位が30cm程で完全露出状態が続いているとか、停滞し気味だったんだが、途中から、基準水位から-330cmという話(70cm?)が出て、直ぐに、2m迄回復したりとか、いろんな時間の変化の割りに水位上昇が速いような報道が為されている。

 一号機、三号機における処置の経過に較べると、一度水位を失いながら水位の回復が早いというのは、結局、原子炉内の圧力を下げたというのが一番だろう。原子炉内の圧力を下げる操作は、安全弁の開放によるものだろうけど、安全弁の開放とは、即ち炉内蒸気の炉外流出ということ。恐らく、一号機の場合は、炉内蒸気の流出をギリギリ迄減らす努力を優先し、二号機の場合は、最悪の事態を回避するために多少の炉内蒸気の放出を行う選択をしたのかもしれない。

 炉内注水のポンプ機能停止が燃料切れとか色んな話があるけど、ポンプの掃き出し先が高圧な状態であり、ポンプ自体がかなり厳しい運転状況で酷使されていたのかもしれない。これが、給水ポンプの吐出系統の漏れ、ポンプ側の駆動機のトリップ、燃料切れという状態を引き起こしたのかな?と想像したりする。

 それにしても、非常に高温の熱源を水冷するために発生する蒸気によって高圧な状態となっているタンクに水を送るというのは極めて厳しいというのがよく判る。それでも消防用ポンプ車のポンプなどでは、ホースの長さ、高さを考えると相当に高圧仕様の筈だが、長期連続使用に耐えられるモノでは無いのかも知れない。

 原子炉を安全に運用するためには、最終的には水冷という方法で排熱するしかないようであり、水冷する方法として最終手段を準備するという教訓になるのだろう。しかし、事故で教訓を得て原子力利用を社会が再度受け入れるには、何としても今回の事態が収拾されなくてはならないのも事実である。収拾出来なければ、教訓として原子力は二度と使えなくなるかも知れない。何としても、最悪の事態が避けられる事を祈りたいモノである。

 日付が変わる時間帯に追記。

 二号機の圧力が上昇しているそうだ。水位が半分以上になって圧力上昇、減圧処置をしながら注水しているようだが、、、、

 二号機に限らず、一号機から三号機について思う事。非常事態的な原子炉格納容器への注水処置は理解出来るけど、本来の冷却システムの復旧状況はどうなっているのだろうか?エマージェンシー的な処置が持続的に機能を維持するか?という意識故だけど、本来のディーゼル発電による冷却システムの不具合というのは全く修繕不可能なんだろうか?その辺も気になる。

 日付が変わったのが今からの追記。

 注水のための減圧経路が塞がって内圧上昇し、炉内水分の蒸発の結果、再度、燃料棒が全部露出したという事なんだそうだ。水位低下で水が液体状態で抜けるという事では無い。水位で2mに相当する水分が一気に蒸発する程に燃料棒は高温状態にあるということ。減圧経路を確保するバルブは合計11個あるそうで、これまで開放していたバルブ自体は圧力応答式で高圧になると開放、低圧になると閉鎖する弁らしい。それを常時開放できる手動式のバルブで対応するらしい。
 何にしろ、状況的にはかなり悪化しているような印象。

 炉内圧力が上がらないような状態を保持し、注水水分を蒸発させて潜熱で冷却し続けるしか手立てが無いのかも知れない。密閉して冷却するには対象の熱量が大きすぎるような感じだ。バルブ開放で継続して注水して蒸発させ続けるくらいしか思い浮かばないなぁ、、、。

|

« 気象庁とか原子炉対策の発表を聞いて思う事。 | トップページ | 不惑、知命、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空焚き?:

« 気象庁とか原子炉対策の発表を聞いて思う事。 | トップページ | 不惑、知命、、、 »