« ホントに聞きたいのは真実 | トップページ | 言われないと気付かないの? »

2011年4月20日 (水)

現実

転入者にスクリーニング検査を求める、、、悲しい事だけど、広島の原爆の後も似たような事があったと聞く、、、、

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110418-00000858-yom-soci

どんなに、水が安全だ!といっても、全国的にペットボトルの水が売り切れたり、コウナゴで放射性物質が検出されたら茨城界隈の魚が全品売れなくなったり、、、、これって、仕方ない事。誰が悪いという話しでなく、そういう意識が形成される歴史を歩んできたという側面もあるだろうけど、今の場合はチョット違うような気もする。

それは、、、、やはり、だれも何も信じていないから。情報が信用出来ないと、身を守る意識として過剰に反応するのは仕方ない事。なんだかんだ言って、我が身が可愛いから。

だれも信じられないというのは、東電や保安員の訂正が頻発する発表、枝野の直ちに安全を連発する発表、、、、そういう背景があるから。他にも、まことしやかに流れた、管の自宅だけの計画停電除外とか、、、、つまり、みんな我が身第一というのが根底にあるからだろう。

でも、我が身第一、、、、そういう行動に取らせるのは、信じられる筈の政府等公的組織の発表を誰もが信じていないから。

買い占め、風評、、、、このような行動の一番の原因は、報道を信じる事を出来なくさせたから。その辺を現政府は自覚しているのだろうか?

多分、人の心が読めない連中には、さっぱりだろうなぁ、、、、。

|

« ホントに聞きたいのは真実 | トップページ | 言われないと気付かないの? »

コメント

こんばんは!コメントありがとうございます。
最近の政府行動、正直苛立ちます。去年の今頃は好意的に見ようと心掛けていたのですが、震災後の行動は人の心、意識が見えていないという思いが大きくなりました。
理由は、政府のリーダーシップ、行動が誰を見ているか?誰の心を救おうとしているか?が見えてきたからです。
心無い行動、人がホントに望む情報を発進しない意図、その辺が信用を失った一番の理由ですね、、、。
悲しいものです。
非常時ですが、退陣するのがこれからの道のりの長さを考えると一番大事というか、人の心を掴むことかもしれません。

投稿: 壱源 | 2011年4月20日 (水) 01時01分

そうですよね。まず、毎日、該当する食品(野菜でも魚でも)の放射線を各出荷場所で計測して発表し続けないと信用する気にならない、(米国のレストランでは自主的にその都度測っているとこもあるし)という一般市民の心がわからないのかなあ、、そのような情報をきめ細かく出しつつモノを言うならわかるが、そういう情報を出さずになら無意味、、菅政権と民主党、、一般市民の心を忘れてますよね。タウンミーティングでも何でもして民主の初心に帰ってくださらないとね。民主党の内部からも何もそういう声が出ないというのは、党全体が民主を忘れているとしか言いようがない。

投稿: とおりすがり | 2011年4月20日 (水) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現実:

« ホントに聞きたいのは真実 | トップページ | 言われないと気付かないの? »