« 確率的影響の検証と精度向上のためのデータ収集をするのか? | トップページ | 4/17~4/23の週の検索ワードピックアップ »

2011年4月23日 (土)

受け入れられるか?

 周りに来る人は、基本的に、最初は誰とでも等しい距離感を保つ。距離感としても遠めではなく、寧ろ、近めである。
 聞かれれば、判る範囲で、経験に従って伝えてやろうと思う。これが基本である。本来的に、自分が知っている範囲で、他人が知らない範囲が在れば、聞かれれば、自分の通ってきた道で確信の持てる範囲で伝えてやるというのが基本だ。

 過去に、何十人もの家庭教師、延べ人数で言えば数百人の塾の生徒に対しても教えるという作業においては、聞く側の好奇心と教えを請う側への教わる者としての謙虚さが見えるというのが、最後まで教えてやろうという気持ちを保つ必要条件である。

 教えを請う側が、意見の一つとして聞いてきて、それを第三者に評価して貰う的な行動を取ったり、受け売りで生半可な理解の上で第三者に知ったげに話すような行動をするようであれば、教えてやろうという気持ちは急激に失せる。勿論、その旨を警告で発するけど、それでも自覚出来ず同じ様な事を繰り返すような奴だったとすれば、俺的には、そいつへの、伝承とか説明や解説というのは一切する気がなくなる。いわば、教えてやらないリストにリストアップされるのである。

 勿論、それで好きとか嫌いというのではない。自分の世界において自分が得た何かを伝えるという事を自分の経験に基づく方法論では説明しないというだけであり、一般論的な話は普通に行うのである。何かしたいという気持ちがあるとすれば、As you likeでという返答に留め、自分だったらどうするという事を封印するだけの話なのだ。

 自分の経験に基づく解答というのは、自分が理解したコツや理屈みたいなもので、その理解の仕方を教えて人の理解の手助けをしたいというのが根底にあるけど、それを伝えてやろうと思える奴というのは、自分から見て、真摯にそれを知って、それを実践するという奴に限定しているだけなのだ。自分流を他人の批評に委ねる奴や、方法論を勝手に取捨選択して結果的に不満を漏らす奴なんて、いわば、弟子としては受け入れないだけである。一般に体育会系の部活、道場系の習い事、、、、そういう世界では、教わる側が真摯に言われた事を受け入れるというのが大前提であり、自分としても教えるかどうかは、それに準じているのである。

 御都合解釈であっち行ったり、こっち行ったり、、、、最近流行の自転車なら、こっちの店で云々、あっちの店で云々、あっちで言われた事をこっちで確認、こっちで言われた事をあっちで確認、、、、そういうコウモリみたいな奴は本質的には人間的に嫌いだし、チョット言われて良かったと思うような事を、さも自分の意見のように第三者に触れ回る奴も嫌い。正直、お前は何様か?と思う。こういう事を何年も繰り返し、コイツは言ってもダメだな!性格的に問題があるな!って思ってしまうと、不可逆なブラックリストに載るのだ。

 そういうブラックリストに入れば、俺的には一生俺流ブラックリストに載る迄なのだ。

 但し、それは人間的に好き嫌いという話とは別問題。あくまでも、教える必要の無い世界迄遡って思想的な理解を手助けするか否かの判断なのだ。

 ここでいう教える必要の無い世界迄遡るという事は、、、、、例えば、大卒の奴に、中学レベルの知識を理解していないがために、問題が解決出来ない場合、必要な中学レベルの知識の解説は行わないということ。何時習っただろ?という指示に留め、自分で不勉強を補えという指示はする迄なのだ。師弟関係が成立していれば、そこでも理解させるための手助けは行うが、師弟関係が成立していなければ、理解する事を奨励するに留めるという事なのだ。

 まぁ、そういうブラックリストに掲載された奴っていうのは、、、、人生を振り返っても片手の指には足らない人数に留まっている。せいぜい2~3人程度のモンだ。

|

« 確率的影響の検証と精度向上のためのデータ収集をするのか? | トップページ | 4/17~4/23の週の検索ワードピックアップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受け入れられるか?:

« 確率的影響の検証と精度向上のためのデータ収集をするのか? | トップページ | 4/17~4/23の週の検索ワードピックアップ »